サンフレッチェ広島 2018 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ

ダウンロード

本日は、サンフレッチェ広島 2018 ユニフォーム アウェイ 半袖を紹介させていただきます。

新発表した2018 サンフレッチェ広島 ユニフォーム アウェイ(2nd)はクラブ史上初となるホワイト×ホワイト×広島バイオレットのカラーコンビネーションを採用しました。白のソリッドですっきりとしました。シンプルでクリーンな仕様となっています。

エンブレムに使用されている縦のストライプに矢羽根の質感を融合させ、スピード感と躍動感を表現しています。

ホームユニフォームと同じで、左袖は2017シーズンの25周年ロゴから再び「トップス広島」のロゴへ戻りました。

また、アクセントカラーとして、濃い紫を襟元や脇、ショーツの側面、ソックスに使用し、2018モデルはクラブ伝統の「広島バイオレット」が復活しました。

サンフレッチェ広島 ユニフォームなどのJリーグ ユニフォームの購入なら、是非サッカー ユニフォーム 激安ショップ「JFA shop」へようこそ。

 

2018 サンフレッチェ広島 ユニフォーム ホーム 半袖について

sanfrecce-hiroshima-2018-uniform-home-nike-02

本日は、2018 サンフレッチェ広島 ユニフォーム ホーム 半袖のデザインコンセプトなどについてを紹介させていただきます。

新発表した2018 サンフレッチェ広島 ユニフォーム ホーム(1st)はここ2年、濃い紫(紫紺)がメインカラーに採用されてきたが、2018モデルはクラブ伝統の「広島バイオレット」が復活します。左右非対称のダイナミックグラフィックを前面と背面の両面に用いたデザイン。

有名な「三本の矢」を3本のストライプで表現しており、前面・背面を合わせて計6本が広島市内を流れる6つの河川を表しています。

エンブレムに使用されている縦のストライプに矢羽根の質感を融合させ、スピード感と躍動感を表現しています。

左袖は2017シーズンの25周年ロゴから再び「トップス広島」のロゴへ戻りました。

また、アクセントカラーとして、ポップなベノムグリーンを襟元や脇、ショーツの側面、ソックスに使用し、鮮やかで優れたカラーコントラストを採用しています。

広告:

・前 面:株式会社エディオン
・背 中:マツダ株式会社
・背中裾:株式会社広島銀行
・左 袖:株式会社イズミ
・ショーツ:テラル株式会社

サンフレッチェ広島アンデルソン・ロペスについて

今日は、サンフレッチェ広の島アンデルソン・ロペスのことを改めて紹介いたします。サンフレッチェ広島#44アンデルソン・ロペスにご興味がある方は是非こちらのホームページをご確認ください。

アンデルソン・ロペス(Anderson Lopes)ことアンデルソン・ジョゼ・ロペス・デ・ソウザ(Anderson José Lopes de Souza、1993年9月15日 – )は、ブラジル・ペルナンブーコ州レシフェ出身のプロサッカー選手です。愛称は「ソリ」です。ポジションは、FW。前所属はブラジルリーグトンベンセFCです。

アンデルソン・ロペスは2013年にアヴァイFCのトップチームの公式戦に初出場しました。CNマルシリオ・ジアスへの期限付き移籍の後、2014年途中よりトンベンセFCに保有権が移り、期限付きでアヴァイに復帰しました。2016年に移籍したアトレチコ・パラナエンセでパラナ州選手権のタイトルを獲得し、翌7月には海外移籍した浅野拓磨の代役として、翌年1月1日までの期限付きでJリーグ・サンフレッチェ広島F.Cに移籍しました。

アンデルソン・ロペス今季の成績:
171106113722

サンフレッチェ広島 2017 ユニフォーム ホーム レプリカ #6番 青山敏弘

青山 敏弘は、岡山県倉敷市連島町出身の日本のプロサッカー選手です。今は31歳です。Jリーグ・サンフレッチェ広島に所属しました。元日本代表。ポジションはミッドフィールダーです。彼の背番号は6番、利き足は右足です。以下は2017シーズン彼のユニフォームです。次は紹介します。何か不足あったら、ご寛容お願い致します。

f17snk0050_2f17snk0050

【特徴】
・サプライヤーは前続き「NIKE」。
・ホームは前身である名門マツダSC(旧広島東洋工業サッカー部)のストライプとクラブエンブレムからインスピレーションを得たデザイン。
・右胸にメーカーロゴを刺繍。
・クラブエンブレムは織りワッペン縫い付け。
・クルーネックデザインを採用。
・素材には吸汗速乾性に優れた素材を使用。
・ストライプの線の太さに強弱をつけることで、スピード感と躍動感を与えるグラデーションを表現。
・遠近によってグラデーションの見え方が異なるという特徴的なグラフィックとなっている。

もしこのユニフォームが好きだったら、ここをクリックして購入します。このショップではマーキングなしのユニフォーム、あるいは他Jリーグのユニフォームもあります。

サンフレッチェ広島 2017 ユニフォーム アウェイ 半袖について

SanfrecceHiroshimaawayback2017

(裏面イメージ)

SanfrecceHiroshimaawayfront2017

(正面イメージ)

今日は2017シーズンの最新サンフレッチェ広島 アウェイ ユニフォームを紹介いたします。

サンフレッチェ広島 ユニフォーム 2017 アウェイはクラブ創立25周年とリーグ25周年を祝し、クラブのフラッグに用いられている緑からインスピレーションを得たベノムグリーンを採用して作成します。「LIGHT SPEED」を表現しました。

2016シーズン、2015シーズン、2014シーズンのサンフレッチェ広島 アウェイ ユニフォーム が主なカラーがホワイトを採用しました。今年はベノムグリーンを採用して作成しますから、デザイン感も抜群です。

こんなに素敵な1点をお持ち帰りたい方はぜひこちらへ!

2017 サンフレッチェ広島 ユニフォーム ホーム 半袖について

サンフレッチェ広島F.Cは、広島県広島市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグに加盟するプロサッカークラブ。呼称は「サンフレッチェ広島」である。

本拠地: 広島広域公園陸上競技場
本拠地: 安佐南区
設立: 1992年4月24日
所属リーグ: J1リーグ

SanfrecceHiroshimafront1SanfrecceHiroshimaback

2017 サンフレッチェ広島 ユニフォーム ホーム 半袖 概要

1.広島の2017シーズンに向けた新ユニフォーム、ホームは前身である名門マツダSC(旧広島東洋工業サッカー部)のストライプとクラブエンブレムからインスピレーションを得たデザイン。

2.ストライプの線の太さに強弱をつけることで、スピード感と躍動感を与えるグラデーションを表現。遠近によってグラデーションの見え方が異なるという特徴的なグラフィックとなっている。

3.クラブ創立25周年を表すロゴがユニフォームの左袖に刻まれている、とのことだ。

⇒サンフレッチェ広島 ユニフォーム 2017 ホーム 半袖 レプリカを探しなら、こちら

 

サンフレッチェ広島の山岸智について

山岸智

山岸智は、千葉県千葉市出身の日本のプロサッカー選手です。ポジションはミッドフィールダーで、今はJリーグ・大分トリニータに所属しています。そして、東京学館浦安高等学校から卒業して、元日本代表です。

中学3年次にクラブユース選手権優勝、高校3年次2001年のJユースカップで大会得点王に輝き、2002年、トップチームに昇格しました。そして、2003年、イビチャ・オシムによって評価され、同シーズンの開幕戦・対東京ヴェルディ1969戦で、右ウイングの位置でプロ初先発出場しました。2005年、左サイドを務めていた村井慎二の移籍に伴い、左サイドとしても出場機会を増やしていきました。また、2006年、先発メンバーに定着し、リーグ戦ではイエローカードを1枚も貰わなかったことから、フェアプレー個人賞を受賞しました。2007年、アジアカップに出場し、2008年より、川崎フロンターレへ完全移籍しました。なお、2011年より、サンフレッチェ広島へ完全移籍を果たしました。そして、2015年には千葉時代から続く、リーグ戦でゴールした試合29戦連続負けなし(21勝8分)の記録を作っていて、2015年末に契約満了しました。また、2016年、大分トリニータに完全移籍し、プロ15年目にして初めてJ1以外のディビジョンのクラブに所属する事となりました。それと同時に、大分のキャプテンに就任しました。

山岸智

2008年に、川崎フロンターレに加入しました。そして、2011年より、サンフレッチェ広島へ移籍しました。また、2016年、大分トリニータに完全移籍しました。

山岸智 サンフレッチェ広島 ユニフォームは豊富に納品揃っています。ご購入こちらへ!

サンフレッチェ広島の前川和也について

前川和也

前川和也は1968年3月22日 に生まれ、長崎県平戸市出身の元サッカー日本代表選手(GK)です。現在はFCバイエルン・ツネイシ監督を務めています。

前川和也は高校3年生の時、1985年度の高校サッカー選手として出場しました。そして、高校卒業後の1986年にマツダSCサンフレッチェ広島へ入団しました。1989年-1990年のJSLおよび1990年-1991年のJSLではJSL2部ベスト11に輝いていました。1992年にチームがJリーグのサンフレッチェ広島として発足すると正GKとして活躍していました。1994年のチャンピオンシップでは2試合とも出場がかないませんでした。一方クラブチームでは、1997年まで正GKの地位を守るが、1998年に古傷の肩の手術を決行しました。また、大分では正GKとして活躍し、翌2001年に引退しました。2002年から大分トリニータの事業部で営業や試合の運営の手伝い、強化クラスなど様々なことをしていました。2006年よりサンフレッチェ広島の提携スクールの一つであるサンフレッチェ常石サッカースクールのコーチに就任し、GKクリニックのコーチとしても活躍しています。それに、2009年から常石ジュニアユース監督、2012年提携先をバイエルン・ミュンヘンに変えたことによりFCバイエルン・ツネイシ監督を務めています。
nc31ts-img414x600-14080789891spkfe13368

1986年に サンフレッチェ広島へ入団しました。そして、2000年に大分トリニータへ出場機会を求めて移籍しました。2002年から 2005年まで、大分トリニータのスタッフになりました。また、2006年に、サンフレッチェ常石サッカースクールのコーチに就任しました。2009年に、サンフレッチェ常石ジュニアユースの監督を務めました。それに、2012年から、 FCバイエルン・ツネイシ監督を務めています。

  サンフレッチェ広島に関するユニフォームを豊富に取り揃えております。ご購入こちらへ!

サンフレッチェ広島 ユニフォーム 購入

サンフレッチェ広島の西川周作について

西川周作

西川周作は大分県宇佐市生れのプロサッカー選手でJリーグ・浦和レッドダイヤモンズ所属していて、ゴールキーパーのポジションで活躍しています。中学卒業時まで出身地の宇佐市で過ごし、高校進学時に大分トリニータU-18に入団しました。大分の練習場の拠点のある大分市は宇佐市からは距離があるため、同市内の高校に進学し寮生活を送りしました。

西川周作は高校3年次の2004年にはトップチームに2種登録選手として選手登録されて、リーグ戦1試合でベンチ入りました。ワールドユースから帰国直後の7月12日に対横浜F・マリノス戦で初先発を果たすと、以降1試合を除いて全試合に出場しました。高卒1年目から正GKの座を奪取しました。2010年はサンフレッチェでレギュラーとして自身2年連続となるリーグ戦全試合に出場しました。下田崇の引退により、2011年から再び背番号「1」をつけることになりました。2012年は4年連続となるリーグ戦全試合出場を果たし広島のリーグ優勝に大きく貢献しました。同年自身初のJリーグベストイレブンに選出されました。2013年はリーグ戦33試合に出場して、リーグ最少の29失点とクラブの連覇に大きく貢献しました。天皇杯準決勝のFC東京とのPK戦では両チーム3人蹴り終わり1-3と絶体絶命の中、連続で相手のPKをセーブして、自身もPKを決めて大逆転でチームを決勝へと導いました。

西川周作

2014年は浦和レッズへ完全移籍しました。背番号は2010年以来となる「21」に決まりました。入団後はすぐに正GKの座を確保すると、7月にはJリーグ記録を塗り替える7試合連続無失点を達成して、前年まで不安定だったレッズの守備を立て直す原動力となりました。同月J1の月間MVPに選ばれました。また、GKのJ1年間完封試合数の記録を16に更新しました。同年12月9日、初のJリーグフェアプレー個人賞、3年連続のJリーグベストイレブンに選ばれて、2015年から背番号「1」をつけることになりました。

2016シーズンに向け、西川周作 サンフレッチェ広島 ユニフォームは豊富な品揃えで、ご購入こちらへ!

サンフレッチェ広島の森脇良太について

 

X˜e

森脇良太は広島県福山市幕山台生まれのプロサッカー選手であります。小さい頃は野球少年で憧れの選手は広島東洋カープの山内泰幸でした。友人に誘われ小学2年時にサッカーを始めました。1999年に地元福山市の隣町である尾道市のサンフレッチェびんごジュニアユースへ入団しました。一期上に平石健太がいます。ジュニアユースではFWとしてプレーし島卓視らから指導を受けました。Jリーグの浦和レッドダイヤモンズ所属していました。ポジションはディフェンダーであります。広島県立吉田高等学校卒業した、元日本代表です。

2002年にサンフレッチェ広島ユースへ昇格しました。同期には前田俊介、佐藤昭大、高萩洋次郎、高柳一誠、桑田慎一朗、藤井大輔、大屋翼、冨成慎司らがいます。ユースではサイドバックにコンバートされ森山佳郎や沢田謙太郎らから指導をうけました。ユース監督の森山佳郎はコンバートの理由について「ユースレベルならFWでも十分なレベルだが、プロではDFのほうが見込みがある」と語っています。高校2年時の2003年に右サイドバックとしてレギュラーに定着して、広島ユースはこの年に全国大会で活躍しユース2冠を達成しました。翌2004年も引き続きレギュラーとしてチームに貢献して、ユース3大大会のうち全てで決勝に進出、うち2大会で優勝しました。2008年、広島に復帰しました。駒野が磐田へ移籍したこともあり当初は右アウトサイドの起用を検討されていたが、ミハイロ・ペトロヴィッチは右センターバックに抜擢して、盛田剛平の怪我によりレギュラーに定着して、以降主力として活躍しました。

 

森脇良太

2005年にトップに昇格し正式にプロ契約を結んでしました。同期に、前田、佐藤、高柳、桑田、入船和真、中尾真那、西河翔吾がいます。びんごジュニアユース出身としては初のトップ昇格選手となりました。2006年に出場機会を求めて望月一仁が監督を務める愛媛FCへレンタル移籍されて、第1節からレギュラーとして起用されました。2013年7月、東アジアカップ2013の日本代表に選出されました。

森脇良太  サンフレッチェ広島 ユニフォームは豊富に取り揃えております!ご購入こちらへ!