サンフレッチェ広島森﨑和幸について

森﨑和幸

森﨑和幸は広島県広島市安芸区矢野出身で日本のプロサッカー選です。ポジションはミッドフィールダーとしてJリーグのサンフレッチェ広島所属しています。広島県立吉田高等学校を卒業します。

地元矢野小学で小学2年からサッカーをプレーしはじめます。山出久男からの指導を受け、攻撃的なMFとして活躍して、小学6年時に浩司と共に全日本少年サッカー大会に出場しました。矢野中学校からサンフレッチェ広島ユースへ入団しました。それから、木村孝洋からの指導を受けました。高校2年時から、ボランチにコンバートされました。1999年高校3年時には2種登録選手となり、Jサテライトリーグでのパフォーマンスがエディ・トムソン監督に認められ、同年11月20日にガンバ大阪戦に広島チーム史上初「高校生Jリーガー」として初出場しました。トムソンにも気にいられ、その年はその後の公式戦に全試合出場し、天皇杯決勝進出の立役者の一人となりました。

森﨑和幸

2000年にサンフレッチェ広島に入団しました。リーグ2戦目には、森保一に代わり先発出場したことがあります。その後も主力として出場し、Jリーグ新人王および日本プロスポーツ大賞新人賞を受賞しました。

2004年にはチーム事情からトップ下へ、2005年にはキャプテンに就任して、1ボランチとして全試合で果たしました。2006年、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督に代わってからは右センターバックにコンバートされ、翌2007年にJ2降格してしまいました。その冬の天皇杯からボランチに戻り準優勝に貢献しました。以降、シーズン中に休みを取りながらも現役を続けています

森﨑和幸選手は高い戦術理解度を武器にパスで試合を作る右利きのゲームメイカーと言われます。ボランチをメインに、トップ下やリベロも担当します。

同チームの森﨑浩司は「二卵性双生児の弟であり、佐藤勇人/佐藤寿人兄弟と共に、Jリーグ史上初の双子選手であります。

サンフレッチェ広島 ユニフォームはこちらへ!

 

 

サンフレッチェ広島ユニフォーム 購入

サンフレッチェ広島森﨑浩司について

森﨑浩司

森﨑浩司は日本のプロサッカー選手でミッドフィールダーとしてJリーグのサンフレッチェ広島で活躍しています。精度の高い左足からのミドルシュートや前線への飛び出しが得意なゲームメイカーと言われます。トップ下やフォワード、ボランチ、左アウトサイドなどもできます。広島県立吉田高等学校を卒業しました。

2004年5月5日J1・1st第8節対セレッソ大阪戦にて初アベックゴールを達成しました。2007年から公式用ユニフォーム背番号の下に「KOJI」と下の名前が入りました。2008年度のスポーツ振興くじで1等6億円4口が2回発生したことを通じて、夕刊フジが同年9月9日付けの記事で「6億を呼ぶ男」の名前になりました。

小学2年からサッカーをプレーし始めました。山出久男から指導を受け、小学6年次に全日本少年サッカー大会に出場していました。矢野中学校からサンフレッチェ広島ユースへ入団して、木村孝洋から指導を受けました。攻撃的なMF・左アウトサイドとして活躍しました。1999年高校3年次には2種登録選手となり、Jサテライトリーグでのパフォーマンスがエディ・トムソン監督に認められ、同年11月20日にガンバ大阪戦に初ベンチ入りました。

森﨑浩司

2000年にサンフレッチェ広島に入団しました。翌2001年Jリーグ初得点試合で2ゴールを上げました。2002年からA契約選手に移行、主力として絡めるようデザインしました。その後山本昌邦率いる五輪代表に選出され、2003年のアテネ五輪予選、2004年のアテネ五輪本戦では左アウトサイドのレギュラーとして出場しました。

広島では小野剛監督の下で藤本主税の代わりとして攻撃的なMFとして活躍していました。同年末のJ1昇格に貢献したことを通じて、中心選手として活躍しています。2002年から続く年代別代表とJ2昇格争い、アテネ五輪と精神的に厳しい戦いが続いています。2006年ミハイロ・ペトロヴィッチに監督からの信用を得て、中盤の中心選手として活躍しています。

サンフレッチェ広島 ユニフォームが購入したら、こちらへ!

サンフレッチェ広島 ユニフォーム購入

サンフレッチェ広島大谷尚輝について

大谷尚輝

大谷尚輝は広島県安芸郡府中町出身のプロサッカー選手で、ディフェンダーとしてJリーグ・サンフレッチェ広島で活躍します。広島県立吉田高等学校を卒業します。

大谷尚輝は5歳の時、サンフレッチェ広島のスクールを連日見学していた縁でスクールに入りました。小学6年生からDFとしてプレーし始めます。同年、広島ジュニアの一員として全日本少年サッカー大会に出場したことがあります。

2008年広島ジュニアユースに入団します。センターバックとして活躍し、2010年クラブユース選手権3位進出に貢献しました。

2011年、川辺・宮原らと共に広島ユースに昇格しました。同年高校一年生の時、山口国体少年の部3位、2012年高校2年生の時CBのレギュラーに抜擢され、2012年高円宮杯プレミア制覇に貢献しました。2013年FUJI XEROX NEXT GENERATION MATCH U-18Jリーグ選抜メンバーで同年高校3年生から川辺・宮原らと共にトップチームに2種登録選手として登録され、2人が同年3月にプロ契約して公式戦に出場しました。ユースでは同年度のクラブユース選手権準優勝、同年度のJユースカップ準優勝に貢献しました。

大谷尚輝

2014年、正式にトップチーム昇格しました。平繁龍一・横竹翔以来3人目となる広島のスクールからストレートでトップチーム昇格を果たしました。このシーズンでのプロデビューはなかったです。同シーズンはJリーグ・アンダー22選抜に登録され、5試合に出場しています。2015年、ロアッソ熊本へ期限付き移籍したが、2016年1月4日に期限付き移籍満了でサンフレッチェ広島と契約しました。

大谷尚輝選手のファンなら、サンフレッチェ広島ユニフォームを身にまとい、引き続きサンフレッチェ広島へのご応援お願いします。

サンフレッチェ広島 ユニフォーム購入

 

 

サンフレッチェ広島高橋壮也について

高橋壮也

高橋壮也は、日本のディフェンダーとしてプロサッカー選手であります。島根県松江市出身立正大学淞南高等学校を卒業し、Jリーグ・サンフレッチェ広島に所属しています。

出雲市を中心に活動するサンフレッチェ広島の提携でしたが、ボランチで試合出場機会がなく、のちサイドMFを、その後左サイドバックとしてプレーしていました。

高橋壮也

2011年、地元強豪の立正大学淞南高等学校へ進学して、同年高校1年生から試合出場を重ね、2012年高校2年生からSBながら10番を与えられ中心選手として活躍しました。インターハイでは2011年・2012年ベスト4、選手権では2012年ベスト8入りに貢献します。2012年ぎふ清流国体島根県少年男子メンバー、2012年および2013年高校選抜、2013年U-18日本代表に選出され、高体連屈指のSBと評価をされました。2014年、サンフレッチェ広島とプロ契約しました。サンフレッチェくにびきからのトップ昇格は原裕太郎以来2人目、広島の育成組織出身者で高校経由でのトップ入団は初のケースと言われます。

高橋壮也選手の大ファンだったら、サンフレッチェ広島のユニフォームを身にまとい、現場で応援して行きましょうか!

サンフレッチェ広島ユニフォーム 購入

 

サンフレッチェ広島塩谷司について

塩谷司

 塩谷司は徳島県小松島市の出身で、プロサッカー選手であります。Jリーグ・サンフレッチェ広島に所属していて、ディフェンダーを担当しています。

小学生時代は南小松島FCと大松SCでサッカーを練習始めました。中学生年代は大塚FCジュニアユースで練習しました。2004年、徳島県立徳島商業高等学校に進学して、高1および高2のとき選手権にミッドフィルダーとして出場しています。この選手権での活躍で士舘大学からスポーツ特待生としてスカウトされました。2007年、国士舘大学へ進学 して、国士大サッカー部に所属することになりました。主にボランチや左サイドのMFとしてプレーしていました。2010年大学4年時に、柱谷哲二が国士大コーチに就任したことが転機となって、同年柱谷にセンターバックにコンバートされ鍛えられ、レギュラーを獲得しました。

2011年、柱谷がJリーグ・水戸ホーリーホック監督に就任すると、塩谷を水戸に誘いました。水戸は前年まで主力だった選手が大量に移籍退団したことから大学出身の新入団選手を大量に獲得していました。谷はレギュラーに抜擢され開幕戦からスタメン出場を果たして、シーズン中にはDFラインのリーダーになるほど成長しました。

塩谷司

北関東ダービーでは3試合でゴールを決めており「ダービー男」と名づけされました。同年末の天皇杯ではガンバ大阪と対戦し、水戸の対J1勢初勝利に貢献しました。2012年シーズンも引き続き水戸で中心選手として活躍しました。同年、この活躍によりJ1勢の大宮アルディージャ・清水エスパルス・サンフレッチェ広島からオファーが届けました。

2012年8月広島へ完全移籍することになりました。2013年、森脇が移籍退団すると3バックの一角としてレギュラーとなりその穴を埋める以上の活躍を見せ、千葉和彦・水本裕貴と共にリーグ戦全34試合に出場しチームの連覇に貢献しました。

2014年第6節の名古屋グランパス戦までに4ゴールを挙げて、攻撃参加の精度に成長が見られ、その後10月10日のキリンチャレンジカップ・ジャマイカ戦で日本代表デビューを果たしました。最終的にリーグ戦で6ゴールを記録し、ベストイレブンに選出され、オフにはFC東京から獲得のオファーが届きましたが、「広島からワールドカップに出る」と塩谷自らクラブに5年契約を求め契約を更新しました。

塩谷司選手が好きだったら、サンフレッチェ広島 ユニフォームを身にまとい、いつもの通り、サンフレッチェ広島のご応援お願いいたします。

サンフレッチェ広島 ユニフォーム

サンフレッチェ広島川崎裕大について

川崎裕大

 川崎裕大は、日本のプロサッカー選手であります。神奈川県綾瀬市出身でDFとして活躍します。流通経済大学を卒業し、Jリーグ・サンフレッチェ広島に所属しています。

小学校の時から身体能力に注目されました。中学時代は横浜FCの育成組織だった横浜FC泉ジュニアユースでプサッカーをプレーしています。

川崎裕大

2008年、成立学園高等学校へ進学しました。高校入学後、DFを正式になり始めました。

2011年、流通経済大学へ進学して、流通経済大学サッカー部に所属しました。左SBあるいはCBとしてプレーします。2013年大学3年生時総理大臣杯ではCBとして優勝に貢献しました。2014年大学4年生の時には関東大学選抜に選出され、チームでは総理大臣杯・第63回インカレの2冠達成していました。2015年、サンフレッチェ広島とプロ契約を決意しました。

川崎裕大選手が好きだったら、サンフレッチェ広島のユニフォームを身にまとい、引き続きサンフレッチェ広島へのご応援お願いします。

サンフレッチェ広島ユニフォーム 購入

 

 

サンフレッチェ広島吉野恭平について

吉野恭平は日本のプロサッカー選手です。DF/MFのポジションとしてJリーグ・サンフレッチェ広島に所属しています。

小学生の時は仙台市青葉区のFC.ASKでサッカーをプレーしました。中学生の時、A.C Azzurriに所属しています。2009年中学3年生の時、キャプテンとして、チームの同年度のクラブユース選手権初出場に貢献しました。2010年、東京ヴェルディユースへ入団しました。同年高校1年時から年代別代表候補として続けて選ばれています。2011年クラブユース選手権優勝して、2012年高校3年生の時、高円宮杯プレミア東優勝に貢献しました。また2012年にはトップチームに2種登録されていました。

yjimage (2)

2013年、東京Vのトップチームに昇格しました。シーズン終盤には先発に抜擢され、1年目から9試合に出場することがあります。2014年1月には3年後のリオデジャネイロオリンピック出場を目指して、U-21日本代表に選出され、AFC U-22アジアカップ2013に出場しました。

2014年2月サンフレッチェ広島へ完全移籍しました。「広島からのレンタル移籍」としてそのまま東京Vに残留して、2014シーズンは広島のみに保有権を持っています。同年8月、予定だったレンタル移籍の終了を早め、2014年シーズン途中より広島に所属しました。

吉野恭平選手が好きだったら、サンフレッチェ広島のユニフォームを身にまとい、引き続きサンフレッチェ広島へのご応援お願いします。

%E8%B3%BC%E5%85%A5%E3%83%9C%E3%82%BF%E3%83%B3-jpeg

 

サンフレッチェ広島佐々木翔について

yjimage

佐々木翔は、日本のプロサッカー選手でDFを担当しています。Jリーグ・サンフレッチェ広島に所属しています。神奈川県座間市出身で神奈川大学を卒業します。

佐々木翔は幼稚園の時代からサッカーをプレー初め、小学3年生から横浜F・マリノスアカデミーへ入団しました。2008年、神奈川大学に入学して、ヴァンフォーレ甲府でサイドバックとして活躍しています。大学1年生の時、左SBとして試合出場を重ね、3年生からはボランチ・サイドハーフ、関東大学選抜に選ばれました。この後、センターバックとして試合出場を重ねています。関東大学サッカーリーグ戦を通じて、「4年間最多出場選手」としての連盟表彰を受けています。

yjimage (1)

2012年、ヴァンフォーレ甲府に入団して、3月11日の第2節東京V戦で果たしました。それから、左サイドバックのレギュラーとして、甲府のJ2初優勝に貢献しました。2013シーズンの開幕戦でボランチとして出場することになりました。その後チームのシステム変更に伴い、シーズン中旬以降は3バックの一角でプレーし始めます。33試合にフル出場しチームの残留に大きく貢献しました。2014年は副キャプテンに就任し、引き続き3バックの一角で起用され、名古屋グランパス戦、大宮アルディージャ戦で2試合連続ゴールを挙げ、2連勝を挙げました。また、リーグ戦、ナビスコカップ、天皇杯などすべての公式戦に出場して、特に守備時の空中戦の勝率は高いとみられます。2013年・2014年のJ1において2年連続でトップ3入りしており、甲府の守備を支えました。2015年、サンフレッチェ広島へ完全移籍を決意しました。退団したファン・ソッコの穴埋めとして期待されました。 千葉和彦、水本裕貴、塩谷司が不動のレギュラーでバックアップとして終盤の守備固めとして出場することが多かったが、塩谷や水本が負傷離脱した時、スタメンとして出場しました。チャンピオンシップ決勝の第1戦のガンバ大阪戦では1点ビハインドの場面で貴重な同点ゴールを挙げました。2016年はリーグ開幕戦から左ストッパーのレギュラーとして、勝ち取り活躍を続けていました。

佐々木翔選手が好きだったら、サンフレッチェ広島のユニフォームを身にまとい、引き続きサンフレッチェ広島へのご応援お願いいたします。

%E8%B3%BC%E5%85%A5%E3%83%9C%E3%82%BF%E3%83%B3-jpeg

サンフレッチェ広島千葉和彦について

yjimage

千葉和彦選手は、北海道釧路郡釧路町出身のプロサッカー選手であります。Jリーグ・サンフレッチェ広島に所属しています。DFとして活躍します。

千葉和彦は小学校3年生からサッカーをし始めました。2001年から特待生として日生学園第二高等学校に進学し、三重県県選抜メンバーの一員として毎夏オランダやスペインに海外遠征したことになりました。高校入学当初はFWだったが、夏以降にボランチにコンバートされました。2002年高校2年生の時、同校初の全国高校サッカー選手権大会を果たした。高校卒業後はプロ入りを目指して、Jリーグクラブからのオファーがなかったが、知人を頼って単身オランダへ渡りました。2004年1月にオランダ2部リーグのAGOVVアペルドールンに入団、テストを経てアマチュアと契約しました。2004-05シーズン中盤からウリエ・コールホフ監督に起用され、リーグ戦21試合に出場しました。2005年7月に知人を頼って練習参加していたアルビレックス新潟監督の反町康治からラブコールを受け、同年8月に新潟とプロ契約して、正式に入団されました。新潟は人材不足のため3バックのDFに入りました。

yjimage (1)

2006年から新潟監督が鈴木淳に変わってから試合出場を重ね、チーム状況に応じてボランチとセンターバックを担当しています。2007年はCBのレギュラーとして活躍し、リーグ中断前にクラブ史上最高位となる3位にまでなる原動力と言われます。同年10月には反町が率いるU-22日本代表に選出されました。2008年はチームに負傷者が続出してJ1残留争いに巻き込まれながらもそのユーティリティー性を活かしながら頑張って、U-23日本代表予備登録メンバーにも選出されました。2009年はチームが4-3-3システムを採用したため出場機会が減りました。2010年からチームの副将に就任して、シーズン通してCBで起用され、2011年から正式にDFに変更しました。同年8月のJ1第20節清水エスパルス戦でプロ7年目にして初ゴールを決めました。2012年、森保一が監督に就任するサンフレッチェ広島に完全移籍しました。移籍してから、33試合にCBとして出場し、広島のJ1初優勝に貢献しました。2013年、東アジアカップ2013で構成される日本代表に初選出され、7月25日のオーストラリア戦で代表戦初出場しました。

千葉和彦はボランチとしてもプレーして、足元の技術も高く、対人能力の高いセンターバックと言われます。千葉和彦好きだったら、サンフレッチェ広島のユニフォームを身にまとい、サンフレッチェ広島へのご声援よろしくお願い致します。

%E8%B3%BC%E5%85%A5%E3%83%9C%E3%82%BF%E3%83%B3-jpeg

サンフレッチェ広島水本裕貴について

yjimage

水本裕貴は、日本のプロサッカー選手です。三重県伊勢市出身で、Jリーグのサンフレッチェ広島に所属して、ディフェンダーのポジションを確保しています。

御薗小学校の時、サッカーをし始めます。三重高等学校に進学後、林一章らからの指導を受けますから、注目されるようになりました。県予選を通じて、インターハイに出場することができます。県選抜メンバーとして高知国体にも出場したほか、2003年にはU-18の日本代表として選出されました。

yjimage (1)

2004年、ジェフユナイテッド市原とプロ契約して、1年目からイビチャ・オシム監督の薫陶を受けました。同年7月29日プレシーズンマッチ対レアル・マドリード戦で、ルイス・フィーゴと対応したことにより有名人になりました。2006年シーズンから千葉の主力に定着し、同2006年に日本代表監督に就任したオシムの市道を受けて、A代表メンバーに初選出されました。2007年末、名古屋、京都サンガF.C.、FC東京、ガンバ大阪の4チームからオファーが届きますが、2008年、ガンバ大阪への移籍を決意しました。補強の目玉として注目されましたが、千葉時代のようなパフォーマンスを発揮できず、出場機会が少ないです。6月19日、北京オリンピック出場に向けて出場機会を確保するため、本人からの申し出によってG大阪退団して、22日、京都サンガF.C.へ完全移籍することにしました。加藤久・秋田豊・森岡隆三の元日本代表DFから指導を受けて、不動のレギュラーに定着し守備の中心として活躍していて、李正秀らとDFラインを構築しました。同年北京オリンピックのキャプテンとしてグループリーグ3試合に出場できました。 2010年には公式戦全試合にも出場しています。2011年、サンフレッチェ広島に完全移籍して、主力としてチームの好調を支得ています。2012年、アルベルト・ザッケローニ率いるA代表に選ばれ、4年ぶりに代表に復帰しました。同年クラブでは広島のリーグ初優勝にの貢献を通じて、自身も初めてJリーグベストイレブンに選出されました。2015年5月16日の鹿島戦にて、フィールドプレーヤーではJ1新記録を樹立されました。また、CSでも途中で出場を果たしました。

水本裕貴選手は1対1の局面で激しさと強さを誇るセンターバックで、マンマークに長所を持っています。時には左右のサイドバックもこなすなど、戦術的な柔軟性を持ち合わせる選手と評価されました。

水本裕貴選手が好きだったら、サンフレッチェ広島のユニフォームを身にまとい、引き続きサンフレッチェ広島へのご応援お願いします。