広島のサッカースタジアム構想

サンフレッチェ広島 広島は戦前からサッカーが盛んでいました。1906年広島高等師範学校で行われた運動会で初めてサッカーをやってました。それから、1919年第一次世界大戦後、似島検疫所捕虜収容所にいたドイツ人捕虜は広島高師とサッカーを遊びました。このように初の国際サッカー試合が記録されました。また、1960年11月30日広島市民球場(旧広島市民球場)で全広島対ロコモティフ・モスクワ戦で5度にわたり、サッカーが行われました。
この背景に広島サッカースタジアム建設構想を言い出しました。広島は太田川水系下流の三角州に形成された狭い平野で、地元財界とあり、神社仏閣ともあり、それに都市計画的要因で、1950年代以降、数度にわたり具体化な議案がありましたが、なかなか進んで行きません。
なお、2012年地元TV局が調査したアンケートによりますと、市民たちの86%が賛成した一方、2013年10月中国新聞による電話世論調査で、38.2%のが賛成と変わり、どちらとも言えないのは42.6%で反対のは16.5%を占めました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/広島のサッカースタジアム構想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です