サンフレッチェ広島水本裕貴について

yjimage

水本裕貴は、日本のプロサッカー選手です。三重県伊勢市出身で、Jリーグのサンフレッチェ広島に所属して、ディフェンダーのポジションを確保しています。

御薗小学校の時、サッカーをし始めます。三重高等学校に進学後、林一章らからの指導を受けますから、注目されるようになりました。県予選を通じて、インターハイに出場することができます。県選抜メンバーとして高知国体にも出場したほか、2003年にはU-18の日本代表として選出されました。

yjimage (1)

2004年、ジェフユナイテッド市原とプロ契約して、1年目からイビチャ・オシム監督の薫陶を受けました。同年7月29日プレシーズンマッチ対レアル・マドリード戦で、ルイス・フィーゴと対応したことにより有名人になりました。2006年シーズンから千葉の主力に定着し、同2006年に日本代表監督に就任したオシムの市道を受けて、A代表メンバーに初選出されました。2007年末、名古屋、京都サンガF.C.、FC東京、ガンバ大阪の4チームからオファーが届きますが、2008年、ガンバ大阪への移籍を決意しました。補強の目玉として注目されましたが、千葉時代のようなパフォーマンスを発揮できず、出場機会が少ないです。6月19日、北京オリンピック出場に向けて出場機会を確保するため、本人からの申し出によってG大阪退団して、22日、京都サンガF.C.へ完全移籍することにしました。加藤久・秋田豊・森岡隆三の元日本代表DFから指導を受けて、不動のレギュラーに定着し守備の中心として活躍していて、李正秀らとDFラインを構築しました。同年北京オリンピックのキャプテンとしてグループリーグ3試合に出場できました。 2010年には公式戦全試合にも出場しています。2011年、サンフレッチェ広島に完全移籍して、主力としてチームの好調を支得ています。2012年、アルベルト・ザッケローニ率いるA代表に選ばれ、4年ぶりに代表に復帰しました。同年クラブでは広島のリーグ初優勝にの貢献を通じて、自身も初めてJリーグベストイレブンに選出されました。2015年5月16日の鹿島戦にて、フィールドプレーヤーではJ1新記録を樹立されました。また、CSでも途中で出場を果たしました。

水本裕貴選手は1対1の局面で激しさと強さを誇るセンターバックで、マンマークに長所を持っています。時には左右のサイドバックもこなすなど、戦術的な柔軟性を持ち合わせる選手と評価されました。

水本裕貴選手が好きだったら、サンフレッチェ広島のユニフォームを身にまとい、引き続きサンフレッチェ広島へのご応援お願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です