サンフレッチェ広島森﨑浩司について

森﨑浩司

森﨑浩司は日本のプロサッカー選手でミッドフィールダーとしてJリーグのサンフレッチェ広島で活躍しています。精度の高い左足からのミドルシュートや前線への飛び出しが得意なゲームメイカーと言われます。トップ下やフォワード、ボランチ、左アウトサイドなどもできます。広島県立吉田高等学校を卒業しました。

2004年5月5日J1・1st第8節対セレッソ大阪戦にて初アベックゴールを達成しました。2007年から公式用ユニフォーム背番号の下に「KOJI」と下の名前が入りました。2008年度のスポーツ振興くじで1等6億円4口が2回発生したことを通じて、夕刊フジが同年9月9日付けの記事で「6億を呼ぶ男」の名前になりました。

小学2年からサッカーをプレーし始めました。山出久男から指導を受け、小学6年次に全日本少年サッカー大会に出場していました。矢野中学校からサンフレッチェ広島ユースへ入団して、木村孝洋から指導を受けました。攻撃的なMF・左アウトサイドとして活躍しました。1999年高校3年次には2種登録選手となり、Jサテライトリーグでのパフォーマンスがエディ・トムソン監督に認められ、同年11月20日にガンバ大阪戦に初ベンチ入りました。

森﨑浩司

2000年にサンフレッチェ広島に入団しました。翌2001年Jリーグ初得点試合で2ゴールを上げました。2002年からA契約選手に移行、主力として絡めるようデザインしました。その後山本昌邦率いる五輪代表に選出され、2003年のアテネ五輪予選、2004年のアテネ五輪本戦では左アウトサイドのレギュラーとして出場しました。

広島では小野剛監督の下で藤本主税の代わりとして攻撃的なMFとして活躍していました。同年末のJ1昇格に貢献したことを通じて、中心選手として活躍しています。2002年から続く年代別代表とJ2昇格争い、アテネ五輪と精神的に厳しい戦いが続いています。2006年ミハイロ・ペトロヴィッチに監督からの信用を得て、中盤の中心選手として活躍しています。

サンフレッチェ広島 ユニフォームが購入したら、こちらへ!

サンフレッチェ広島 ユニフォーム購入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です