サンフレッチェ広島森﨑和幸について

森﨑和幸

森﨑和幸は広島県広島市安芸区矢野出身で日本のプロサッカー選です。ポジションはミッドフィールダーとしてJリーグのサンフレッチェ広島所属しています。広島県立吉田高等学校を卒業します。

地元矢野小学で小学2年からサッカーをプレーしはじめます。山出久男からの指導を受け、攻撃的なMFとして活躍して、小学6年時に浩司と共に全日本少年サッカー大会に出場しました。矢野中学校からサンフレッチェ広島ユースへ入団しました。それから、木村孝洋からの指導を受けました。高校2年時から、ボランチにコンバートされました。1999年高校3年時には2種登録選手となり、Jサテライトリーグでのパフォーマンスがエディ・トムソン監督に認められ、同年11月20日にガンバ大阪戦に広島チーム史上初「高校生Jリーガー」として初出場しました。トムソンにも気にいられ、その年はその後の公式戦に全試合出場し、天皇杯決勝進出の立役者の一人となりました。

森﨑和幸

2000年にサンフレッチェ広島に入団しました。リーグ2戦目には、森保一に代わり先発出場したことがあります。その後も主力として出場し、Jリーグ新人王および日本プロスポーツ大賞新人賞を受賞しました。

2004年にはチーム事情からトップ下へ、2005年にはキャプテンに就任して、1ボランチとして全試合で果たしました。2006年、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督に代わってからは右センターバックにコンバートされ、翌2007年にJ2降格してしまいました。その冬の天皇杯からボランチに戻り準優勝に貢献しました。以降、シーズン中に休みを取りながらも現役を続けています

森﨑和幸選手は高い戦術理解度を武器にパスで試合を作る右利きのゲームメイカーと言われます。ボランチをメインに、トップ下やリベロも担当します。

同チームの森﨑浩司は「二卵性双生児の弟であり、佐藤勇人/佐藤寿人兄弟と共に、Jリーグ史上初の双子選手であります。

サンフレッチェ広島 ユニフォームはこちらへ!

 

 

サンフレッチェ広島ユニフォーム 購入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です