サンフレッチェ広島大木勉について

大木勉

 大木勉は愛媛県出身のサッカー選手であり、ポジションはFW/MFでプレーしています。愛称はベントいわれます。彼は繊細なボールテクニックとセンス溢れるプレーでチームに貢献して、ポジショニングや状況判断のスピードに優れた選手で味方FWを活かす事に長けているといわれました。守備面ではフォアチェックが得意であるため、中盤でも起用されました。愛媛FCへの思い入れも強く、広島選手時代の2000年代前半には、当時日本フットボールリーグ所属の愛媛に対して、法人会員として出資をしていました。

両親の勧めで、兄とともに小学校2年の時からサッカーをプレーし始めました。中学の頃に、四国選抜にも選ばれました。

愛媛県立南宇和高等学校の時、石橋智之によりFWに固定され同学年の友近聡朗とのコンビで活躍してました。高校卒業年にJリーグが開幕して、いくつかのJリーグクラブからオファーがあったとしても進学を決めました。

1994年青山学院大学に進学しました。同年U-19日本代表に選出され、AFCユース選手権として出場して果たしました。この時の活躍により自信を深め、青学を中退してJリーグ入りを決めました。

10 Jun 2001:  Tatsuhiko Kubo of Japan in action during the FIFA Confederations Cup Final against France at the Yokohama International Stadium in Yokohama, Japan.  France won the match 1 - 0.  Mandatory Credit: Ben Radford /Allsport

大木勉は1995年サンフレッチェ広島に入団して、同年にU-20日本代表に選出され、1995 FIFAワールドユース選手権に全試合ほぼフル出場していました。2000年大分トリニータへレンタル移籍しましたが、怪我で出場機会が限られ、結局構想外になったため、アルビレックス新潟など数チームのテストを受けるもうまくいかず、サッカーを辞める状況にまで追い込まれました。2001年今西和男サンフレッチェ広島総監督の勧めで7月までの半年契約で広島に復帰しましたがほぼ出場機会がなかったです。契約期間終了間際となる6月19日ナビスコ杯FC東京戦で”涙のVゴール”を決め契約延長を勝ち取ることを通じて、レギュラーに定着してました。久保竜彦、藤本主税、スティーブ・コリカらと共に破壊力溢れる攻撃を展開して、2ndステージ3位となる原動力となり、特に久保との抜群のコンビネーションは目を見張るものがありました。

大木勉選手は2003年以降コンスタントに試合に出場して、小野剛時代後期にはFWとしての出場は減少したもののトップ下として新境地を開いました。2006年は怪我のため精彩を欠き、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督にほとんど起用されなかったこともあってシーズン終了後に戦力外という状況に陥られました。2007年、故郷・愛媛のクラブである愛媛FCに移籍して、若手が多い中、貴重なベテランとして活躍していました。2012年をもってプロ引退に決めました。

2013年から愛媛日産自動車に勤務しています。一方で同年から広島県廿日市市にある当時広島県社会人サッカーリーグ1部の廿日市FCで久保竜彦や桑原裕義と共にプレーしています。

サンフレッチェ広島 ユニフォーム購入

サンフレッチェ広島久保竜彦について

久保竜彦

久保竜彦は福岡県朝倉郡筑前町出身のサッカー選手でポジションはFWでプレーしています。久保竜彦森選手は「日本人離れした」という枕詞のつくストライカー/センターフォワードでシュートスピード・射程距離の長さ・驚異的なジャンプ力といった抜群の身体能力の高さから、誰も予想出来ないような豪快でアクロバティックなゴールを決めたと思えば、相手の動きを見てコースを狙い確実に決める繊細な技術と冷静な判断も持ち合わせているといわれました。サッカー日本代表の主力として活躍した時期は比較的短くてW杯にも出場していないが、局面で印象的な活躍をしており、記録より記憶に残るタイプの選手であります。派手なプレースタイルとは裏腹に試合中以外は基本的に寡黙・謙虚で、どんな質問でも「よかったです」「嬉しかったです」などと答えることが多く、インタビュアー泣かせだが、知名度が上昇するにつれ、その朴訥としたキャラクターも周囲に認知され人気の一因となりました。

久保竜彦は幼い頃から自然と遊びの中で野球をしており、ショートやサードを守っていた右打者だったことがあります。小学3年生の時、遊具で遊んでいた最中に小指を骨折してしまったことが転機となって小学校4年生の時サッカーをやり始め、野球を辞め本格的にのめり込んでいました。中学入学後もサッカーを続けました。1992年、吉浦茂和の指導力の評判を聞きつけ、大場と共に筑陽学園高校へ入学しました。吉浦は久保の今後を思いその潜在能力を潰さないよう、最低限の技術や戦術を指導して高校当時のポジションは左MFです。1993年高校2年時と3年時に福岡県選抜として国体に出場したことが唯一の全国大会での成績を取りました。高校卒業後もサッカーを続けるつもりだったが、大学からオファーもあったものの家庭の財政状況から進学を諦めて就職するつもりだったが、より高いレベルで続けさせたい吉浦の強い薦めにより同級生である大場と共にサンフレッチェ広島F.Cのテストを受けました。

久保竜彦

 久保竜彦は1995年広島へ入団して、入団当初MF登録であったが1年目に河内勝幸サテライトチーム監督にFWへコンバートされ、2年目ビム・ヤンセンはエースFWの高木琢也の控えFWとして活躍していました。2003年、横浜F・マリノスへ移籍して一気にブレイク、Jリーグにおいて群を抜く攻撃力を示し年間優勝に貢献して、日本年間最優秀選手賞受賞しました。2004年、欧州遠征での3試合4得点をはじめ、12試合8得点という結果を残し、特に同年2月18日の2006 FIFAワールドカップ・アジア予選のオマーン戦で、引き分け濃厚な後半ロスタイムに勝ち越しゴールを奪うなど勝利に貢献し、ジーコの信頼を得ました。

2007年久保には横浜FMから残留要請されましたが、奥と共にする形で横浜FCへ移籍しました。シーズン終了後、戦力外通告を受けました。2008年、古巣・広島へ6年ぶりに復帰て体調は万全ではないものの要所で活躍しJ1昇格に貢献しました。2010年、ツエーゲン金沢へ完全移籍決めました。主力として活躍していました。金沢退団後は移籍先を探し、JFL、県地域リーグ、タイのクラブなどからオファーがあったものの、現役引退を決断しました。引退後のあいさつ回りをする中で今西の斡旋により、2012年広島県廿日市市にある特定非営利活動法人廿日市スポーツクラブのストライカー養成コーチ、およびアンバサダー(スポーツ親善大使)に就任しました。また同年にはスポーツ振興くじ(toto)と陶器メーカー・TOTOとのコラボによるCM「トートートトト」に出演していました。2013年3月28日、当時広島県社会人サッカーリーグ1部に所属する廿日市FCに現役復帰しました。

久保竜彦は素晴らしいプレーを見せてくれました。彼こそ日本サッカー界の宝石であり、日本のファンは、彼という存在を持った事を幸せに思うでしょうと言う評価があります。

サンフレッチェ広島 ユニフォームが手に入れたいなら、こちらへ!

サンフレッチェ広島 ユニフォーム 購入

サンフレッチェ広島桑原裕義について

桑原裕義

桑原裕義は広島県広島市出身のサッカー選手で守備的MFとして活躍しています。広島県立広島工業高等学校出身です。

桑原は大阪体育大学2年の時に1991年ユニバーシアード・シェフィールド大会代表に選出され、1993年バッファロー大会代表に選出され、バルセロナオリンピックアジア予選候補に選出されました。この際にサンフレッチェ広島のチームドクターがスタッフとして入っており、そのドクターから広島入団へとリクルートされました。1994年にサンフレッチェ広島に入団して、1995年にはビム・ヤンセン監督に抜擢され開幕戦から出場しDFやMFとして活躍していました。その後は特にエディ・トムソン監督に重用され、180cmの高さを生かしたフィジカルの強さと運動量で、中盤からリベロまでこなすユーティリティープレイヤーとして活躍しました。2004年、反町康治監督から誘われたこともあり出場機会を求め、アルビレックス新潟に移籍して、広い視野と高い洞察力で相手の攻撃の芽を摘み、守備に長けたボランチとして活躍していました。しかし新潟で年齢がネックとなり2005年退団しました。2006年より当時九州サッカーリーグのニューウェーブ北九州に、プロ契約選手の一人として加入しました。主力ボランチとして活躍して、2007年JFL昇格、2009年J2昇格に貢献しました。また2006年10月に当時中国サッカーリーグ所属のファジアーノ岡山にレンタル移籍して、全国地域サッカーリーグ決勝大会では主力として活躍していました。

桑原裕義

2010年よりJ2に昇格したギラヴァンツ北九州においても、チームに欠かせない心臓として活躍していました。翌2011年シーズンも守備の要として33試合に出場しました。しかし40歳と高齢に達したこともあってこの年をもって契約を解除され退団しました。トライアウトにも参加したが現役生活を終え、2012年よりクラブのアンバサダーに就任しましたが、地域での支持拡大に向け活動していたが、1年で退任しました。2013年、久保竜彦、大木勉と共に広島県社会人サッカーリーグ1部所属の廿日市FCで現役復帰しました。

桑原裕義は年齢のゆえで何度も退団されとしても、引き続きサッカーをプレーし続けています。学ぶべきな選手であり、サンフレッチェ広島ユニフォームは【JFAショップ】で販売しています。ご購入こちらへ!

 

サンフレッチェ広島上村健一について

上村健一

上村健一は熊本県八代市生まれの元サッカー選手であいります。小学校5年生の時に広島県福山市に転居しました。広島県立松永高等学校から1993年にサンフレッチェ広島に入団しました。同期入団には、盧廷潤、アンドレイ、安部雄大、若松賢治がいます。レギュラー選手では一番の若手で、当時もみ上げを伸ばしてスーツを着用して、ルパン三世のような格好をしていたのでよく先輩にいじられました。Jリーグ発足直後から試合にも出場し、当初は相手に強力なエースストライカーがいる時、それをマンマークで抑える時に出番したことがあります。特に1994年優勝したサントリーシリーズ天王山となった清水エスパルス戦で、清水のエース・トニーニョをハードマークしたことで、仕事をさせませんでしたが、靭帯断裂で負傷しました。回復後の1996年にはアトランタオリンピックにサッカー日本代表として出場して、ハンガリー戦で得点を挙げました。その後もチームの守備の要として活躍していて、2001年にはフィリップ・トルシエ率いる日本代表に招集され、4試合に出場しました。ヘディングが強く闘志溢れる選手だったが、両膝を悪くしてから足の速いフォワードに振り切られることが多くなって同年11月のコンサドーレ札幌との最終戦は、上村のワンマンショーのような試合でした。

上村健一

2003年にJ2に降格した広島を1年でJ1に復帰しましたが、戦力構想外となり2004年はセレッソ大阪にレンタル移籍しましたが、2005年は東京ヴェルディ1969に移籍決めました。ヴェルディではまたもJ2降格の憂き目に会ってしまいました。2006年10月30日、関東サッカーリーグ1部・横浜スポーツ&カルチャークラブに完全移籍しました。全国地域リーグ決勝大会で主力として活躍しています。2007年からはJFL・ロッソ熊本へ移籍して、不動のセンターバックとして活躍して、熊本のJ2昇格に貢献しました。2008年のシーズンを最後に現役引退を決めました。現役最終戦の対戦相手は奇しくも古巣の広島で、両クラブのサポーターから大きな声援をもらいました。

2009年、熊本のコーチに就任しました。それに、2010年から熊本のアカデミーコーチに就任して、2013年熊本からカマタマーレ讃岐のトップチームヘッドコーチに就任しました。

サンフレッチェ広島ユニフォームは豊富に納品揃っています。ご購入こちらへ!

サンフレッチェ広島 ユニフォーム購入

サンフレッチェ広島下田崇について

 

 

 

‰º“c002
‰º“c002

下田崇は日本の元プロサッカー選手であり、指導者でもあります。広島市南区上東雲町の出身で現Jリーグのサンフレッチェ広島のゴールキーパーコーチとしてプレーします。下田崇選手は一見派手なスーパーセーブこそ少ないが、的確な判断とミスの少ない安定したプレーが特徴の堅実な選手で素早く正確なスローによるフィードも特徴だと言われました。

小さいころは野球少年で、リトルリーグで外野手やキャッチャーとしてレギュラーになりました。サッカーをやっていた兄の影響もあり、小学4年生からサッカーに転向しフォワードやミッドフィールダーとしてプレーし、中学では攻撃的なミッドフィールダーとしてプレーしました。1991年、広島皆実高校に入学して、監督の勧めで、1年時から本格的にゴールキーパーを担当してプレーし始めました。1993年3年生の時に香川・徳島国体選抜として出場したことが唯一の全国大会での成績です。卒業後は明治大学に進学するつもりだったが、同年の夏に地元のサンフレッチェ広島からスカウトされました。1994年、サンフレッチェ広島に入団して、同年に初めての年代別代表となるU-19日本代表に選ばれ本田征治の控えとしてAFCユース選手権にベンチ入り、翌1995年にはU-20日本代表に選ばれワールドユース・カタール大会に2試合出場になりました。同年にアトランタオリンピック出場を目指す五輪日本代表に選ばれ、川口能活の控えとして予選・本戦を通じて全試合にベンチ入りを果たしました。マイアミの奇跡もベンチで体験しました。1997年に河野が名古屋グランパスエイトへ移籍しました、また翌1998年に前川が肩の手術により長期離脱したことで、スタメンの地位を確保しました。久保竜彦・服部公太と共に期待の若手としてエディ・トムソン監督に高く評価されました。以降正ゴールキーパーとして歴代監督に信用され続けた。

下田崇

1998年1stステージ第1節から2001年第9節まで連続118試合フルタイム出場しています。レギュラーを奪われたくないため指を骨折した状況で試合出場したこともあります。

この活躍によりフィリップ・トルシエ時代の日本代表に招集され、1999年3月の対ブラジル戦(国立)では先発に抜擢され初キャップを記録しました。この試合が唯一のA代表での出場となっています。2000年にはアジアカップ・レバノン大会にA代表メンバーとして登録しました。2002年、J1残留争いをしていた最終節の対コンサドーレ札幌戦で、相川進也と接触して、眼下底骨折により負傷退場になって、この試合でJ2降格が決定しましたが、チームに残留して、2003年のJ1昇格に貢献しました。同年のJ2でPK阻止率100パーセントで、同年ジーコ時代のA代表に唯一J2から招集されました。

2004年から3年間、広島の選手会長を勤めることがありますが受けませんでした。2005年4月2日対名古屋グランパスエイト戦にてJ1リーグ戦通算200試合出場達成しました。同年10月15日対FC東京戦にて味方DFの小村徳男と接触し右膝後十字靱帯断裂して同年のシーズンを棒になりました。2007年7月には左膝軟骨損傷により手術を行ったため同シーズンはルーキーイヤー以来14年ぶりの出場ゼロに終わりました。その後リハビリを続け、翌2009年7月に全体練習に復帰して、2008年以降試合出場が叶わず、佐藤昭大、中林洋次、西川周作、原裕太郎の控えに回りチームを影から支得ました。2010年末に戦力外通告およびコーチ転進の打診を受けて、同年限りで現役を引退しました。

下田崇選手は何度けがしても、引き続きサッカーをプレーしていました精神はみんなも学ぶべきだと思います。サンフレッチェ広島 ユニフォームの購入こちらへ!

 

 

サンフレッチェ広島宮吉拓実について

宮吉拓実

宮吉拓実は滋賀県出身のサッカー選手でポジションはフォワードでサンフレッチェ広島でプレーします。宮吉拓実は福井県で生まれ、東京都杉並区立松庵小学校1年からサッカーを始め、4年の時に滋賀県大津市に引っ越すため、大津市立真野中学校に進学、中学1年時から京都サンガU-15でFWとして活躍していました。2005年にはU-13日本選抜、2006年にはU-14日本選抜にも選ばれていました。2007年の日本クラブユースサッカー選手権 (U-15)大会では9得点の活躍でチームを優勝に果たしました他、自身も得点王に輝くとともにMVPに選ばれていました。2008年3月トップチームに登録して、ウィザスナビ高等学校に通いながらトップチームの練習にの参加を通じて、「京都の至宝」と呼ばれました。2008年5月31日、ナビスコカップ・名古屋戦で初めてサブメンバーに入りました。2008年9月21日G大阪戦で72分フェルナンジーニョに代わって出場し、Jリーグ史上2番目に若いデビューとなりました。

13_02t

2008年10月24日、チーム史上最年少でプロC契約を交わしました。2009年10月10日、天皇杯2回戦のヴェルフェたかはら那須戦で後半途中出場すると後半31分に左サイドの安藤淳からのクロスを胸でコントロールすると角度のない位置から右足を振り抜いて公式戦初得点を決めました。2010年4月3日、C大阪戦で後半14分から途中出場すると後半25分にディエゴからのクロスを胸でトラップし、左足ボレーでゴール。Jリーグ初得点を記録しました。2014年8月、カターレ富山へ期限付き移籍して、2014年末で移籍期間満了で2015年京都に復帰しました。2016年、サンフレッチェ広島へ完全移籍しました。

宮吉拓実選手のご応援に行くなら、サッカー サンフレッチェ広島 ユニフォームを身にまとって行ってください。番号と名前が入れますから、ご購入こちらへ!

サンフレッチェ広島 ユニフォーム 購入

サンフレッチェ広島服部公太について

服部公太

服部公太は千葉県習志野市出身の元プロサッカー選手でサッカー指導者と言われます。1996から2011までミッドフィールダー、ディフェンダーとしてサンフレッチェ広島でプレーしています。フィールドプレーヤーとしてはJ1史上初の100試合連続フルタイム出場達成者であり、サンフレッチェ広島生え抜きとしては初のJ1通算350試合出場の達成者でもありなす。本人は豊富な運動量から精度の高いクロスが魅力の左アウトサイド、ウイングバック及びサイドバックとして活躍しています。

服部公太は5歳のころからサッカーをプレーし始め、主に攻撃的なMFとしてプレーしていました。高校は渋谷幕張高校へ進学して、宗像マルコス望からの指導を受けて、高校3年生の時、千葉県選抜としてふくしま国体少年部門優勝、U-18日本代表にも選ばれました。東京ガスサッカー部からのオファーを受けるつもりでいたが、渋谷幕張高校のコーチからJリーグでの挑戦を後押しされ、翻意を決めました。

服部公太

1996年サンフレッチェ広島に入団し、同年にはAFCユース選手権一次予選に出場するU-19日本代表に選ばされ、同年11月9日対横浜マリノス戦で、74分から途中交代出場し公式戦デビューを果たしました。1997年、攻撃的なMFから左アウトサイドにコンバートされました。1998年、路木が移籍したことで左サイドでレギュラーとして定着して、当初はフリーキックも蹴っており、同年8月22日のJリーグ初得点でFKで決めていました。2000年7月29日対清水エスパルス戦でJ1通算100試合出場を達成しました。2001年左サイドバックとして活躍、攻撃能力が開花して、11アシストし、右サイドの駒野友一との両サイドは攻撃の基点になり攻守共に重要なポジションともなりました。服部公太は2001年には両足甲骨折した状況でプレーし続き、2005年には練習中に右肘脱臼し全治3週間の怪我を負いながら、13日後のリーグ戦にはプロテクターを着けてフル出場しているから、「鉄人」と呼ばれました。2007年3月10日対柏レイソル戦にてJ1のみ100試合連続フルタイム出場達成し、2008年2度目のJ2となったが1年でのJ1昇格に貢献しました。2009年5月9日J1第11節対ジェフユナイテッド市原・千葉戦で史上38人目J1通算300試合出場達成して、2011年5月21日J1第12節対ヴィッセル神戸戦で史上22人目のJ1通算350試合出場を達成しました。

2011年末、広島からコーチ転身へのオファーを受けるも現役にこだわりました。2012年、ファジアーノ岡山に完全移籍しました。2013年より、サンフレッチェ広島ユースのコーチに就任しました。

サンフレッチェ広島 ユニフォームはただいま入荷中!ご注文こちらへ!

サンフレッチェ広島 ユニフォーム 購入

サンフレッチェ広島皆川佑介について

皆川佑介

皆川佑介は日本のプロサッカー選手であり、東京都立川市出身でフォワードとして活躍していて、Jリーグ・サンフレッチェ広島に所属しています。

皆川佑介は幼稚園時代からサッカーをプレーし始めました。1999年小学2年から埼玉県所沢市へ転居して、当時はサイドバックでプレーしていました。2007年、群馬県のサッカー強豪校・前橋育英高等学校へ越境入学して、入学当初は様々なポジションを経験し、2008年高校2年の頃から本格的にFWとしてプレーしました。同年の選手権ベスト4になり、2009年高校3年時インターハイ優勝を飾りました。2010年、高校の先輩である六平の後を追う形で中央大学へ進学、古豪・中央大学学友会サッカー部に所属していました。林容平の控えとして試合出場を重ね、2012年大学3年時にレギュラーを掴み安柄俊とともに活躍しました。2013年ユニバーシアード日本代表に選出され3位入賞しました。

皆川佑介

2014年、サンフレッチェ広島とプロ契約しました。同期入団は、茶島雄介、ビョン・ジュンボン、高橋壮也、大谷尚輝、川辺駿、宮原和也がいます。茶島とは共に2013年ユニバ日本代表になりました。同年6月練習試合で結果を残したことから評価を上げ、同年7月からJリーグで試合出場を重ねていました。2015年、FIFAクラブワールドカップ2015ではオークランド・シティFCとして、開幕戦に先発してオープニングゴール得点をあげました。

皆川佑介選手が好きだったら、皆川佑介のユニフォームを着って、彼のご応援お願いいたします。ご購入こちらへ!サッカー サンフレッチェ広島 ユニフォームには名前と番号が入れます。

サンフレッチェ広島 ユニフォーム購入

サンフレッチェ広島ピーター・マドゥアブチ・ウタカについて

ピーター・マドゥアブチ・ウタカ

ピーター・マドゥアブチ・ウタカはナイジェリア・エヌグ出身の元同国代表サッカー選手であり、Jリーグ・サンフレッチェ広島でフォワードのポジションを担当してプレーします。

1984年にナイジェリア・エヌグで生まれたウタカは、1997年に地元の大学病院・UNTHナイジェリアでキャリアをプレーし始めました。兄と一緒にエジプトのアラブ・コントラクターズSCと契約していました。その後、ヨーロッパでプレーしたい想いから、兄と兄の代理人の助けを借り、1999年の16歳の時にクロアチアのNKディナモ・ザグレブの下部組織に入団しました。それから1年後に古巣へ戻り2003年までプレーし続けました。

ピーター・マドゥアブチ・ウタカ

2003年にベルギー・セカンドディビジョン(英語版)のパトロ・アイスデン・マースメヘレン(英語版)と契約しました。マースメヘレンでの活躍が認められ、1部のKVCウェステルローに引き抜かれました。2007年1月に2部のロイヤル・アントワープFCに加入するとすぐさま主力となりました。2008年8月30日、デンマークのオーデンセBKに移籍して、目で得点ランク4位タイとなる12得点を挙げ、2年目は33試合18得点で得点王に輝いました、またオーデンセの選手としては2004-05シーズン得点王となりました。

2012年1月、中国の大連阿爾濱に移籍して、ハイペースで得点を上げる爆発力をみせました。2013年もゴールを量産すると同7月には同じく中国の北京国安に完全移籍しました。2015年2月、清水エスパルスへ完全移籍で清水では攻撃の軸としてチームはJ2降格を喫しました。2016年、サンフレッチェ広島へ期限付き移籍を決めました。

サンフレッチェ広島ユニフォームが探したら、こちらへ!お好きな選手の番号と名前もプリントできます。

サンフレッチェ広島 ユニフォーム 購入

サンフレッチェ広島宮原和也について

宮原和也

 宮原和也は日本のプロサッカー選手であり、ポジションはミッドフィールダーとして、Jリーグ・サンフレッチェ広島に所属しています。

小学生の頃はFWあるいは攻撃的なMFとしてプレーしていました。2008年、サンフレッチェ広島ジュニアユースに入団して、同期に川辺駿・大谷尚輝がいます。当時はミッドフィルダーとして活躍して、2010年クラブユース選手権3位進出に貢献しました。中学3年ではボランチとしてプレーしました。2011年、川辺・大谷らと共にサンフレッチェ広島ユースに昇格して、攻撃的なMFを担当していました。同年高円宮杯プレミアでもベンチメンバーとして大会制覇に貢献しました。2012年高2の時に、ディフェンダーに怪我人が続出したことからCBにコンバートされレギュラーを獲得しました。2012年高円宮杯プレミア連覇に貢献しました。同年U-16日本代表に選出され、AFC U-16選手権2012ではCBとしてキャプテンを担当しました。

宮原和也

 

2013年高3から川辺・大谷らと共にトップチームに2種登録選手として登録され、同年3月25日川辺と共に所属はユースのままトップチームとプロ契約を結びました。高校年代選手のプロ契約としては高萩洋次郎・岡本知剛以来3例目であります。同年2013 FIFA U-17ワールドカップにU-17日本代表の一員として3試合出場しています。同時に活躍した広島ユースでは同年度のクラブユース選手権(U-18)準優勝、同年度のJユースカップ準優勝に貢献しました。

2014年、正式にトップチーム昇格して、昇格当初はボランチとして考えられていましたが、3バックの一角としてレギュラー故障の穴を埋めて出場機会を得ました。2016年、3月5日の第2節名古屋グランパスで先発するとボランチでレギュラーを果たしました。

宮原和也選手のユニフォームを探したら、こちらへ!お好きな番号と名前がプリントすることもできます。

サンフレッチェ広島 ユニフォーム 購入