サンフレッチェ広島宮原和也について

宮原和也

 宮原和也は日本のプロサッカー選手であり、ポジションはミッドフィールダーとして、Jリーグ・サンフレッチェ広島に所属しています。

小学生の頃はFWあるいは攻撃的なMFとしてプレーしていました。2008年、サンフレッチェ広島ジュニアユースに入団して、同期に川辺駿・大谷尚輝がいます。当時はミッドフィルダーとして活躍して、2010年クラブユース選手権3位進出に貢献しました。中学3年ではボランチとしてプレーしました。2011年、川辺・大谷らと共にサンフレッチェ広島ユースに昇格して、攻撃的なMFを担当していました。同年高円宮杯プレミアでもベンチメンバーとして大会制覇に貢献しました。2012年高2の時に、ディフェンダーに怪我人が続出したことからCBにコンバートされレギュラーを獲得しました。2012年高円宮杯プレミア連覇に貢献しました。同年U-16日本代表に選出され、AFC U-16選手権2012ではCBとしてキャプテンを担当しました。

宮原和也

 

2013年高3から川辺・大谷らと共にトップチームに2種登録選手として登録され、同年3月25日川辺と共に所属はユースのままトップチームとプロ契約を結びました。高校年代選手のプロ契約としては高萩洋次郎・岡本知剛以来3例目であります。同年2013 FIFA U-17ワールドカップにU-17日本代表の一員として3試合出場しています。同時に活躍した広島ユースでは同年度のクラブユース選手権(U-18)準優勝、同年度のJユースカップ準優勝に貢献しました。

2014年、正式にトップチーム昇格して、昇格当初はボランチとして考えられていましたが、3バックの一角としてレギュラー故障の穴を埋めて出場機会を得ました。2016年、3月5日の第2節名古屋グランパスで先発するとボランチでレギュラーを果たしました。

宮原和也選手のユニフォームを探したら、こちらへ!お好きな番号と名前がプリントすることもできます。

サンフレッチェ広島 ユニフォーム 購入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です