サンフレッチェ広島皆川佑介について

皆川佑介

皆川佑介は日本のプロサッカー選手であり、東京都立川市出身でフォワードとして活躍していて、Jリーグ・サンフレッチェ広島に所属しています。

皆川佑介は幼稚園時代からサッカーをプレーし始めました。1999年小学2年から埼玉県所沢市へ転居して、当時はサイドバックでプレーしていました。2007年、群馬県のサッカー強豪校・前橋育英高等学校へ越境入学して、入学当初は様々なポジションを経験し、2008年高校2年の頃から本格的にFWとしてプレーしました。同年の選手権ベスト4になり、2009年高校3年時インターハイ優勝を飾りました。2010年、高校の先輩である六平の後を追う形で中央大学へ進学、古豪・中央大学学友会サッカー部に所属していました。林容平の控えとして試合出場を重ね、2012年大学3年時にレギュラーを掴み安柄俊とともに活躍しました。2013年ユニバーシアード日本代表に選出され3位入賞しました。

皆川佑介

2014年、サンフレッチェ広島とプロ契約しました。同期入団は、茶島雄介、ビョン・ジュンボン、高橋壮也、大谷尚輝、川辺駿、宮原和也がいます。茶島とは共に2013年ユニバ日本代表になりました。同年6月練習試合で結果を残したことから評価を上げ、同年7月からJリーグで試合出場を重ねていました。2015年、FIFAクラブワールドカップ2015ではオークランド・シティFCとして、開幕戦に先発してオープニングゴール得点をあげました。

皆川佑介選手が好きだったら、皆川佑介のユニフォームを着って、彼のご応援お願いいたします。ご購入こちらへ!サッカー サンフレッチェ広島 ユニフォームには名前と番号が入れます。

サンフレッチェ広島 ユニフォーム購入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です