サンフレッチェ広島下田崇について

 

 

 

‰º“c002
‰º“c002

下田崇は日本の元プロサッカー選手であり、指導者でもあります。広島市南区上東雲町の出身で現Jリーグのサンフレッチェ広島のゴールキーパーコーチとしてプレーします。下田崇選手は一見派手なスーパーセーブこそ少ないが、的確な判断とミスの少ない安定したプレーが特徴の堅実な選手で素早く正確なスローによるフィードも特徴だと言われました。

小さいころは野球少年で、リトルリーグで外野手やキャッチャーとしてレギュラーになりました。サッカーをやっていた兄の影響もあり、小学4年生からサッカーに転向しフォワードやミッドフィールダーとしてプレーし、中学では攻撃的なミッドフィールダーとしてプレーしました。1991年、広島皆実高校に入学して、監督の勧めで、1年時から本格的にゴールキーパーを担当してプレーし始めました。1993年3年生の時に香川・徳島国体選抜として出場したことが唯一の全国大会での成績です。卒業後は明治大学に進学するつもりだったが、同年の夏に地元のサンフレッチェ広島からスカウトされました。1994年、サンフレッチェ広島に入団して、同年に初めての年代別代表となるU-19日本代表に選ばれ本田征治の控えとしてAFCユース選手権にベンチ入り、翌1995年にはU-20日本代表に選ばれワールドユース・カタール大会に2試合出場になりました。同年にアトランタオリンピック出場を目指す五輪日本代表に選ばれ、川口能活の控えとして予選・本戦を通じて全試合にベンチ入りを果たしました。マイアミの奇跡もベンチで体験しました。1997年に河野が名古屋グランパスエイトへ移籍しました、また翌1998年に前川が肩の手術により長期離脱したことで、スタメンの地位を確保しました。久保竜彦・服部公太と共に期待の若手としてエディ・トムソン監督に高く評価されました。以降正ゴールキーパーとして歴代監督に信用され続けた。

下田崇

1998年1stステージ第1節から2001年第9節まで連続118試合フルタイム出場しています。レギュラーを奪われたくないため指を骨折した状況で試合出場したこともあります。

この活躍によりフィリップ・トルシエ時代の日本代表に招集され、1999年3月の対ブラジル戦(国立)では先発に抜擢され初キャップを記録しました。この試合が唯一のA代表での出場となっています。2000年にはアジアカップ・レバノン大会にA代表メンバーとして登録しました。2002年、J1残留争いをしていた最終節の対コンサドーレ札幌戦で、相川進也と接触して、眼下底骨折により負傷退場になって、この試合でJ2降格が決定しましたが、チームに残留して、2003年のJ1昇格に貢献しました。同年のJ2でPK阻止率100パーセントで、同年ジーコ時代のA代表に唯一J2から招集されました。

2004年から3年間、広島の選手会長を勤めることがありますが受けませんでした。2005年4月2日対名古屋グランパスエイト戦にてJ1リーグ戦通算200試合出場達成しました。同年10月15日対FC東京戦にて味方DFの小村徳男と接触し右膝後十字靱帯断裂して同年のシーズンを棒になりました。2007年7月には左膝軟骨損傷により手術を行ったため同シーズンはルーキーイヤー以来14年ぶりの出場ゼロに終わりました。その後リハビリを続け、翌2009年7月に全体練習に復帰して、2008年以降試合出場が叶わず、佐藤昭大、中林洋次、西川周作、原裕太郎の控えに回りチームを影から支得ました。2010年末に戦力外通告およびコーチ転進の打診を受けて、同年限りで現役を引退しました。

下田崇選手は何度けがしても、引き続きサッカーをプレーしていました精神はみんなも学ぶべきだと思います。サンフレッチェ広島 ユニフォームの購入こちらへ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です