サンフレッチェ広島柴﨑晃誠について

柴﨑晃誠

柴﨑晃誠は長崎県雲仙市出身のプロサッカー選手であり、ポジションはミッドフィールダーで、Jリーグ・サンフレッチェ広島に所属しています。

旧南高来郡国見町出身で小学1年生から地元国見少年サッカークラブで学んで育ち、長崎県立国見高等学校では小嶺忠敏の指導ににより活躍した”国見っ子”トいわれます。生まれ育った近所に徳永悠平がおり小学校から高校まで同じ学校の1年先輩、渡邉大剛とは中学からの同級生です。国見高校の2年先輩に大久保嘉人・松橋章太、1年先輩に徳永・徳重健太・片山奨典・蒲原達也・近藤健一、同級に渡邉・松橋優・園田拓也・巻佑樹、1年後輩に平山相太・中村北斗・兵藤慎剛・関憲太郎、2年後輩に渡邉千真・城後寿・藤田優人がいます。柴崎が高校在学中、3年連続で高校選手権決勝に進出し2度の優勝を経験、特に2年時第80回大会では片桐淳至と共に大会得点王を記録したことがあります。2003年、小嶺に薦められ国士舘大学へ進学して、国士舘大学サッカー部へ入部しました。養父とは共にボランチとして活躍していました。大学在籍中に東京ヴェルディ1969の練習に加わり、大学卒業後の2007年に正式入団しました。同年、ラモス瑠偉監督に評価されリーグ戦デビュー、同年末のJ1昇格に貢献しました。2008年夏頃から柱谷哲二監督によりレギュラーに抜擢され、以降東京Vの中心選手として活躍していました。2010年末、東京Vとの契約切れに伴い川崎・横浜FM・柏・神戸とJ1勢からオファーが届けました。

柴﨑晃誠

2011年、川崎フロンターレへ完全移籍しました。この川崎でのプレーを認められ、同年5月キリンカップ2011のメンバーとして日本代表に初めて選出され、2012年も開幕当初はレギュラーだったが、同年4月右内転筋肉離れ、負傷離脱した原因で出場機会が激減しました。2012年7月、川勝良一監督が獲得を熱望したことから古巣の東京Vへ期限付き移籍しましたが、同年末には川崎・東京V双方との契約が満了しました。2013年、徳島ヴォルティスへ完全移籍して、貢献しました。2014年、サンフレッチェ広島への完全移籍を決めました。

サッカー サンフレッチェ広島 ユニフォームは今納品揃えています。もし柴﨑晃誠ユニフォームを探したら、うちの店ぜひお見逃さないように!

サンフレッチェ広島丸谷拓也について

丸谷拓也

 丸谷拓也は日本のプロサッカー選手であり、鳥取県西伯郡南部町の出身でMFのポジションとして、サンフレッチェ広島に所属しています。鳥取県立境高等学校を卒業しました。鳥取県出身では塚野真樹以来2人目、高卒としては初のプロサッカー選手で、今主ポジションはボランチだが、攻撃的なポジションやCBなど様々なポジションも経験しています。

兄の影響で小学2年生からサッカーをプレー始めました。小学校時代に全国大会に出場するなど、小さいころから地元鳥取では有名な選手であったが、高校2年まで全国的には無名な存在でした。高校は鳥取県立境高等学校に入学して、主にトップ下、ボランチでプレー、中心選手として活躍しています。高校2年生の2006年および3年生の2007年と2年連続で高校選手権に出場しました。高校3年次の2007年、U-18日本代表に選ばれフォワードとしてプレーしました。

丸谷拓也

2008年、サンフレッチェ広島とプロ契約決めました。翌2009年6月、FWとしてナビスコカップでプロデビューを担当して、同年7月にはリーグ戦デビューを果たした。2010年より、本格的にボランチへ転向しました。同年途中にプロA契約に移行しましたが、2012年森保一に監督が代わると、出場機会が与えられずベンチ入ることもできません。2012年8月、大分トリニータへ期限付き移籍して、ボランチとして守備強化を期待され、主力として活躍しています。同年末のJ1昇格プレーオフにも2試合出場し、大分のJ1昇格に貢献しました。翌2013年も期限付き移籍を延長し大分に在籍し、同年5月YNC予選第7節サガン鳥栖戦では公式戦初のハットトリックを達成し、チームの公式戦2連勝の立役者となって、2014年広島に復帰しました。

丸谷拓也選手へのご応援に行くため、サッカー サンフレッチェ広島 ユニフォームを探したら、こちらへ!

サンフレッチェ広島 ユニフォーム 購入

サンフレッチェ広島茶島雄介について

茶島雄介

茶島雄介は日本のプロサッカー選手で広島県広島市安芸区出身です。ミッドフィールダとしてJリーグ・サンフレッチェ広島に所属しています。

安芸区矢野で育ち、森崎和幸・森崎浩司兄弟は矢野中学および吉田高校の先輩であります。1998年小学1年生からサンフレッチェ広島のサッカースクールでサッカーをプレーし始め、2000年小学3年生から広島ジュニアに所属しました。同期には森保翔平・岡崎和也がいます。2003年小学6年時、全日本少年サッカー大会に広島県代表として出場したことがあります。

茶島雄介

2004年、広島ジュニアユースに昇格して、2005年高円宮杯ベスト4入りに貢献しました。2006年U-15Jリーグ選抜されました。2007年、広島ユースに昇格しました。同期に大崎淳矢・森保・中山・玉田がいます。2年生からレギュラーを掴み、3年生ではキャプテンを務めて、2009年高円宮杯ベスト4、2009年Jユースカップ準優勝などに貢献しました。2009年JFAプリンスリーグ中国MVPですが、トップチームへの昇格しませんでした。2010年、教員免許取得を目的として東京学芸大学へ進学しました。大学1年生からレギュラーとして活躍しています。大学2年生の時に関東リーグ1部昇格に貢献して、4年間東学大の中心選手として活躍しました。2012年および2013年全日本大学選抜に選出され、2013年ユニバーシアード日本代表の一員として3位入賞、特にユニバGL第3戦ウルグアイ戦では決勝点となるFKを決めています。

茶島雄介選手好きだったら、サンフレッチェ広島 ユニフォームを身にまとい、引き続き茶島雄介へのご応援お願いいたします。

サンフレッチェ広島 ユニフォーム購入

サンフレッチェ広島柏好文について

柏好文

柏好文は山梨県南巨摩郡富士川町出身の日本のプロサッカー選手であります。ミッドフィールダーのポジションとして活躍しています。国士舘大学を卒業しました。Jリーグ・サンフレッチェ広島に所属しています。。

小学生の時、サッカースポーツ少年団でサッカーを学んで、中学は地元強豪・フォルトゥナSCでサッカーをプレーしています。

2003年、名門の山梨県立韮崎高等学校へ進学して、高校2年時のインターハイでベスト8に進出を通じて、名を知られるようになりました。2006年、国士舘大学へ入学、大学サッカーの強豪・国士大サッカー部 に入団しました。柏は大学1年からレギュラーに抜擢され、関東大学リーグ新人王、大学3年時関東リーグベスト11、大学4年時には全日本大学選抜に選出されました。関東1部通算は66試合25得点を記録、大学3年時に出場した天皇杯では4試合で2得点を挙げる活躍を見せていました。

2010年、地元チームであるヴァンフォーレ甲府に入団し、この年唯一の大卒ルーキーです。当初から試合出場を重ね、2011年5月にプロA契約に移行しましたが、その存在が際立つのは2012年城福浩が甲府監督に就任して以降でした。同年、J2全42試合中41試合に出場しチームのJ2優勝およびJ1昇格に大きく貢献しました。 2013年は開幕戦から右MFとして出場、シーズン途中のシステム変更に伴い自身も右ウイングバックへとポジションを移し、豊富な運動量を生かしてチームの中心となり全試合に出場、4得点を記録し残留に大きく貢献しました。この活躍を通じて、他のJ1チームから獲得オファーが続出しました。2012年末には名古屋・清水などから甲府を上回る好条件でオファーされたが甲府に残留しました。2013年末には川崎・横浜FM・新潟・C大阪・広島などからオファーが届き甲府も残留しました。

柏好文

2014年、サンフレッチェ広島へ完全移籍と決めました。背番号は甲府時代と同じ18番であります。2015年、開幕戦から左のウイングバックとしてレギュラーに定着して、チャンピオンシップ決勝の第1戦のガンバ大阪戦の後半で途中出場して、1得点1アシストをあげる活躍でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれました。

柏好文選手が好きだったら、引き続き彼のご応援をお願いいたします。サンフレッチェ広島 ユニフォームが探したっら、こちらへ!

サンフレッチェ広島ユニフォーム 購入

サンフレッチェ広島ミハエル・ミキッチについて

ミハエル・ミキッチ

 ミハエル・ミキッチは、クロアチア・ザグレブ出身のサッカー選手であります。Jリーグ・サンフレッチェ広島に所属しています。元はクロアチア代表です。今サイドプレイヤーとしての起用が多い、過去には攻撃的ミッドフィルダーとストライカーのポジションで活躍しています。

7歳のとき、NKBistraというクラブでサッカーをプレーし始めます。13歳のとき、NKインケル・ザプレシッチのユースへ加入し、16歳でこのクラブにおいてプロのキャリアをスタートしていました。2年目にクロアチア・ザグレブへ移籍して、19歳までにレギュラーになりました。同年スピードタイプのFWというプレースタイルも似ていたことから、当時はサポーターから「クロアチアのマイケル・オーウェン」と呼ばれ、将来を嘱望されました。

1998年の秋には、18歳にしてクロアチア・ザグレブのメンバーとしてUEFAチャンピオンズリーグに参加して、緒戦となるホームのFCポルト戦で、前半7分にクラブのチャンピオンズリーグ第1号ゴールを決めていました。クロアチア・ザグレブはこのポルト戦に勝利し、さらにアヤックス・アムステルダムに勝利、オリンピアコスに引き分けるなど健闘したが、決勝トーナメントの進出はできなかったです。ミキッチはクロアチア・ザグレブのホームゲーム3試合に全て出場を通じて、ストライカーとしてプレーしました。

しかし翌1999年、クラブが三浦知良らの外国人FWを獲得してから、助っ人外国人の起用優先というクラブの方針により、満足な競争も行われないままレギュラーの座を奪われました。この年もチャンピオンズリーグの出場を通じて、グループステージ6試合中5試合に出場したが、先発は1試合だけでした。最終戦のオリンピック・マルセイユ戦で、2-2のドローに持ち込む同点ゴールを挙げましたが、クロアチア・ザグレブはグループステージ最下位に終わりました。

そんな折、1999年のシーズン途中にクロアチア・ザグレブの監督に就任したオズワルド・アルディレスは、ミキッチのスピードに目をつけ、これがミキッチのサッカー人生における転機となりました。以降、サイドプレーヤーとしてプレーしましたが、2年間でリーグ26試合、公式戦29試合に出場して無得点という結果に終わり、チームも2005-2006シーズンは16位で2部降格となってしまいました。2006年6月に、再びクロアチアに戻ってHNKリエカと契約していました。6月13日のUEFAカップ1回戦・対ACオモニア戦の第1レグで公式戦デビューを飾りましたが、リエカは2戦合計3-4でオモニアに破れ、1回戦で姿を消しました。国内リーグ戦では6月30日の2006-2007シーズン開幕戦で初出場し、勝利に貢献しました。しかしシーズン途中の2007年1月、わずかリーグ14試合に出場したところでリエカを退団し、古巣であるディナモ・ザグレブへ移籍。23試合で4ゴールを挙げる活躍を見せました。

 

YOKOHAMA, JAPAN - DECEMBER 06: Mihael Mikic of  Sanfrecce Hiroshima dribbles the ball during the FIFA Club World Cup match between Sanfrecce Hiroshima and Auckland City at International Stadium Yokohama on December 6, 2012 in Yokohama, Japan.  (Photo by Lintao Zhang/Getty Images)

2009年、Jリーグ・サンフレッチェ広島へ完全移籍してから、すぐに右サイドのレギュラーとして、同シーズンリーグ4位躍進に貢献しました。ミハエル・ミキッチ選手はクラブ遍歴を経て選んだJリーグのレベルを高く評価する一方で、日本人選手の安易な海外志向に疑問を呈していました。広島に加入以降は怪我による離脱はあるものの右サイドのレギュラーを確保し続けており、2012年・2013年には広島のJ1連覇に貢献しました。2014年には在籍が6年目を迎え、1993-1997年の5年間在籍した盧廷潤を越えて、広島の外国籍選手では史上最長在籍の選手となっていました。

サンフレッチェ広島 ユニフォームが探したっら、こちらへ!

サンフレッチェ広島ユニフォーム 購入