サンフレッチェ広島の森脇良太について

 

X˜e

森脇良太は広島県福山市幕山台生まれのプロサッカー選手であります。小さい頃は野球少年で憧れの選手は広島東洋カープの山内泰幸でした。友人に誘われ小学2年時にサッカーを始めました。1999年に地元福山市の隣町である尾道市のサンフレッチェびんごジュニアユースへ入団しました。一期上に平石健太がいます。ジュニアユースではFWとしてプレーし島卓視らから指導を受けました。Jリーグの浦和レッドダイヤモンズ所属していました。ポジションはディフェンダーであります。広島県立吉田高等学校卒業した、元日本代表です。

2002年にサンフレッチェ広島ユースへ昇格しました。同期には前田俊介、佐藤昭大、高萩洋次郎、高柳一誠、桑田慎一朗、藤井大輔、大屋翼、冨成慎司らがいます。ユースではサイドバックにコンバートされ森山佳郎や沢田謙太郎らから指導をうけました。ユース監督の森山佳郎はコンバートの理由について「ユースレベルならFWでも十分なレベルだが、プロではDFのほうが見込みがある」と語っています。高校2年時の2003年に右サイドバックとしてレギュラーに定着して、広島ユースはこの年に全国大会で活躍しユース2冠を達成しました。翌2004年も引き続きレギュラーとしてチームに貢献して、ユース3大大会のうち全てで決勝に進出、うち2大会で優勝しました。2008年、広島に復帰しました。駒野が磐田へ移籍したこともあり当初は右アウトサイドの起用を検討されていたが、ミハイロ・ペトロヴィッチは右センターバックに抜擢して、盛田剛平の怪我によりレギュラーに定着して、以降主力として活躍しました。

 

森脇良太

2005年にトップに昇格し正式にプロ契約を結んでしました。同期に、前田、佐藤、高柳、桑田、入船和真、中尾真那、西河翔吾がいます。びんごジュニアユース出身としては初のトップ昇格選手となりました。2006年に出場機会を求めて望月一仁が監督を務める愛媛FCへレンタル移籍されて、第1節からレギュラーとして起用されました。2013年7月、東アジアカップ2013の日本代表に選出されました。

森脇良太  サンフレッチェ広島 ユニフォームは豊富に取り揃えております!ご購入こちらへ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です