2018 サンフレッチェ広島 ユニフォーム ホーム 半袖について

sanfrecce-hiroshima-2018-uniform-home-nike-02

本日は、2018 サンフレッチェ広島 ユニフォーム ホーム 半袖のデザインコンセプトなどについてを紹介させていただきます。

新発表した2018 サンフレッチェ広島 ユニフォーム ホーム(1st)はここ2年、濃い紫(紫紺)がメインカラーに採用されてきたが、2018モデルはクラブ伝統の「広島バイオレット」が復活します。左右非対称のダイナミックグラフィックを前面と背面の両面に用いたデザイン。

有名な「三本の矢」を3本のストライプで表現しており、前面・背面を合わせて計6本が広島市内を流れる6つの河川を表しています。

エンブレムに使用されている縦のストライプに矢羽根の質感を融合させ、スピード感と躍動感を表現しています。

左袖は2017シーズンの25周年ロゴから再び「トップス広島」のロゴへ戻りました。

また、アクセントカラーとして、ポップなベノムグリーンを襟元や脇、ショーツの側面、ソックスに使用し、鮮やかで優れたカラーコントラストを採用しています。

広告:

・前 面:株式会社エディオン
・背 中:マツダ株式会社
・背中裾:株式会社広島銀行
・左 袖:株式会社イズミ
・ショーツ:テラル株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です