サンフレッチェ広島 野津田について

image

野津田岳人は日本のプロサッカー選手であります。広島県広島市西区出身でJリーグ・アルビレックス新潟に所属して、ポジションはミッドフィールダーです。島県立吉田高等学校を卒業しました。幼稚園の頃、地元クラブのシーガル広島FCでサッカーをプレーして、小学生6年生のときキャプテンを担当しました。

yjimage (2)

2007年サンフレッチェ広島ジュニアユースに入団しました。その後、2008年JFAプレミアカップ決勝進出に貢献していました。2009年からユースに参加して、2010年正式にユースに昇格することができました。同年高校一年生の時からレギュラーに挙げされ、22年生の時にはチームの中心選手となりました。高円宮杯3連覇に活躍して、自身もチャンピオンシップで2度と受賞しました。また、FUJI XEROX SUPER CUP NEXT GENERATION MATCHでは2年連続でU-18Jリーグ選抜に選ばれました。2011年の高校2年生からトップチームに登録され、3年生の時も引き続き登録されました。同年で就任した森保一監督に評価され、3月にJ1デビューをしました。

2013年トップチームに昇格して、前シーズンに森脇良太が着用していた「24」背番号を使っていましたが、2016シーズンから「17」番に変更しました。 同年3月29日にオリンピック出場を目指して、出場機会を求めるために、アルビレックス新潟へ期限付き移籍する事を決めました。

野津田選手が好きでしたら、サンフレッチェ広島 ユニフォームを着って、引き続き野津田選手へのご応援よろしくお願いします。

 

サンフレッチェ広島森保一監督について

yjimage (9)

森保一の出身地は長崎県長崎市で長崎日本大学高等学校卒業です。弟は森保洋で、息子が3人います。長男森保翔平は2014年からプロサッカー選手として、カマタマーレ讃岐に所属してきます。次男は大学生であり、三男はサンフレッチェ広島F.Cの育成組織に所属しています。

yjimage (7)

森保一は元サッカー日本代表であり、今Jリーグ所属のサンフレッチェ広島の監督を務めます。高校時代の試合で森保一がたびたび勘違いされますから、同級生がポイチと名付けました。森保一の長さは中盤の底での守備が素晴らしくて、相手ボールを奪って攻撃することと相手の攻撃をディレイさせることです。日本の「ボランチ」、「ハンス・オフトの申し子」、「ビハインド・ザ・ボールの申し子」と言われます。

yjimage (10)

1990年代のサンフレッチェ広島におけるバンディエラの一人今西和男は、今まで会ってきた人の中で特にリーダーシップを持ち合わせる人として、森保一を挙げました。それに、1993年6月『広島アスリートマガジン』創刊号で広島東洋カープの野村謙二郎と相談して仲良くなり、現役お互いの試合に行くことで分かりました。住むところも「歩いて2分ぐらいの距離」で、双方ともに現役引退した後も交流を続けています。その他、北別府学など同時代カープ現役選手だった数人とも親交があります。

サンフレッチェ広島のユニフォームを探したら、こちらへ!

サンフレッチェ広島、新戦力のプラス要素に期待

20160202-00010016-footballc-001-10-view

サンフレッチェ広島森保一監督が就任してから、昨季からの4年間で3度目のJリーグ優勝を取りました。クラブW杯で南米王者リーベル・プレート相手と戦って、最後に”世界3位”の栄えを手に入れました。

活躍の原動力となったドウグラスはチームを去って、中東へ移籍しましたが、主力を務めてきた選手の残りでチーム安定感がほとんど変わりません。サンフレッチェ広島は得意のピンポイント補強と組織力の高さを武器に今季も優勝をターゲットとして頑張ります。

サンフレッチェ広島 ユニフォーム を身にまとい、引き続きサンフレッチェ広島へのご声援よろしくお願い致します。

 

広島のサッカースタジアム構想

サンフレッチェ広島 広島は戦前からサッカーが盛んでいました。1906年広島高等師範学校で行われた運動会で初めてサッカーをやってました。それから、1919年第一次世界大戦後、似島検疫所捕虜収容所にいたドイツ人捕虜は広島高師とサッカーを遊びました。このように初の国際サッカー試合が記録されました。また、1960年11月30日広島市民球場(旧広島市民球場)で全広島対ロコモティフ・モスクワ戦で5度にわたり、サッカーが行われました。
この背景に広島サッカースタジアム建設構想を言い出しました。広島は太田川水系下流の三角州に形成された狭い平野で、地元財界とあり、神社仏閣ともあり、それに都市計画的要因で、1950年代以降、数度にわたり具体化な議案がありましたが、なかなか進んで行きません。
なお、2012年地元TV局が調査したアンケートによりますと、市民たちの86%が賛成した一方、2013年10月中国新聞による電話世論調査で、38.2%のが賛成と変わり、どちらとも言えないのは42.6%で反対のは16.5%を占めました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/広島のサッカースタジアム構想

2016サンフレッチェ広島 新ユニフォーム決定のお知らせ

2016シーズンのホームユニフォーム

2016サンフレッチェ広島 新ユニフォーム決定のお知らせ

2016シーズンのホームユニフォームは、2016年Nike Global Footballのデザインコンセプトである“SUPER NATURAL PERFORMANCE”に基づき、選手たちのパフォーマンスをサポートするデザインを採用しました。

カラーには、王や皇帝を表す紫紺を大胆に使って、試合巧者と言われるサンフレッチェ広島を象徴することになりました。首元と襟元にはバーシティパープルのリブがついて、クラブのアイデンティティーを激しく表現されました。それに、首元や袖にベノムグリーンのラインをついて、加速するスピードをイメージしました。インペリアルパープルの重厚感にベノムグリーンのスピード感を加えて、サンフレッチェ広島史上初め、時空を超える力強さを引き出すデザインになりました。

 

2016シーズンのアウェイユニフォーム

2016シーズンのアウェイユニフォームは、ホワイトととグレーをベースに、ガイザーグレーとボディーのホワイトのコンビネーションでサンフレッチェのプレイスタイルを表しました。首元や襟にバーシティパープルを使って、クラブの栄えと共に戦う姿を表現されました。ベノムグリーンはームフラッグ、そして広島の街に欠かすことのできない鮮やかなグリーンからインスピレーションでアクセントカラーとして採用しました。ボディーカラーのホワイトとクリーンなガイザーグレーを加えて、スピード感を感じるデザインになりました。

2016サンフレッチェ広島 新ユニフォーム を身にまとい、サンフレッチェ広島へのご声援よろしくお願い致します。

サンフレッチェ広島 2016 ユニフォーム

サンフレッチェ広島 ユニフォーム 2015 アウェイ 半袖 レプリカ

サンフレッチェ広島 ユニフォーム 2015  アウェイ 半袖 レプリカ 商品詳細

「WE FIGHT TOGETHER 2015 結集」Jリーグチャンピオンに向けて,再びチャレンジャーとして挑むサンフレッチェ広島。

スピード感のある『CHEVRON』(シェブロン)をキーポイントに採用,2015アウェイ半袖レプリカユニフォーム!

【マーキングについて】
マーキングをご希望の方は、サイズ選択後、マーキング加工をお進みください。

加工位置は背ネーム、背番号、胸番号です。加工サイズは背番号:25cm、胸番号:10cmです。
胸番号は<背番号>で表示されている番号が入ります。
【メーカーカラー】
フットボールホワイト×(ブラック)

【特徴】
・サポーターの観戦時の着用を目的に作られた【レプリカ】モデルの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用しています。
・「HIGH SPEED BRILLIANCE」をデザインコンセプトに、スピード感のある『CHEVRON』(シェブロン)をキーポイントに採用。
・アウェイにはホワイトとグレーを基調に左右非対称(アシンメトリー)デザインを採用。
・アクセントカラーには広島を取り巻く環境には欠かせない鮮やかな緑“Venom Green”(ヴェノムグリーン)を採用。
・首内側には、クラブシンボルである3本の矢をデザイン。
・クラブエンブレム、★はワッペン圧着。
・スポンサーロゴはラバープリント。
・メーカーロゴは刺繍。
・袖口襟元は伸縮性のあるリブ仕様。

【機能】
DRI FIT:熱を逃し涼しさをキープ。吸汗機能によりベタつかず快適性を提供します。

【素材】
DRI-FITダブルニットメッシュ(ポリエステル100%)

【メーカーサイズ】
■Sサイズ:身長155-176cm、胸囲86-91cm、ウエスト73-79cm
■Mサイズ:身長155-176cm、胸囲91-97cm、ウエスト78-85cm
■Lサイズ:身長176-185cm、胸囲97-103cm、ウエスト84-91cm
■XLサイズ:身長176-185cm、胸囲103-109cm、ウエスト90-97cm
■2XLサイズ:身長176-185cm、胸囲109-115cm、ウエスト96-103cm

【生産国】
タイ

【シリーズ・シーズン】
2015年2月発売

【注意事項】

2月28日以降のお届け予定です。(入荷状況に前後する場合がございます)
他の商品と同時にご注文頂いた場合、全ての商品が揃った段階での配送となります。
ご注文後のキャンセル・返品・サイズ交換等はお受けできません。
画像はイメージです。実際の商品とはデザインや仕様が異なる場合がございます。
JFA SHOP:

サンフレッチェ広島2015ユニフォームホーム半袖

メーカーカラー
サンフレッチェ広島2015ユニフォームホーム半袖

バーシティパープル×インペリアルブラウン・パープル×(フットボールホワイト)

特徴

・選手着用モデルと同仕様の【オーセンティック】モデルの為、横幅の絞ったシルエットを採用しています。
・「HIGH SPEED BRILLIANCE」をデザインコンセプトに、スピード感のある『CHEVRON』(シェブロン)をキーポイントに採用。
・ストライプ柄をベースに、『CHEVRON』(シェブロン)を3種類のパープルのグラデーションとして表現。
・首内側には、クラブシンボルである3本の矢をデザイン。
・2014シーズン同様ユニフォームには全てペットボトルをリサイクルした素材を採用。優れた吸汗速乾性と肌触りと着心地を実現。
・背面全体にはメッシュ素材を採用。通気性、吸水速乾性に優れています。
・両サイド部分にはレーザーホールを採用。体温の上昇を抑え、速乾性の向上と快適な着用感を実現。
・クラブエンブレムは織りワッペン縫い付け。
・星は刺繍。
・スポンサーロゴはラバープリント。
・メーカーロゴは刺繍。
・袖口襟元は伸縮性のあるリブ仕様。

機能

DRI FIT:熱を逃し涼しさをキープ。吸汗機能によりベタつかず快適性を提供します。

スペック

素材 DRI-FITダブルニットメッシュ(ポリエステル100%)
生産国 タイ
発売時期 2015年2月発売
シーズン 2015

「WE FIGHT TOGETHER 2015 結集」Jリーグチャンピオンに向けて、再びチャレンジャーとして挑むサンフレッチェ広島
『CHEVRON』(シェブロン)をキーポイントに採用した2015ホーム半袖オーセンティックユニフォーム!

サンフレッチェ広島 2016 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ

メーカーカラー

ゲイザーグレー× ホワイト×ベノムグリーン× (バーシティパープル)

スペック

素材 DRI-FITダブルニット(ポリエステル100%)
生産国 タイ
発売時期 2016年 3月発売
シーズン 2016

特徴

・デザインには紫紺を全面に使用するカラーリングを採用。王や皇帝を表すインペリアルパープルを用い、常に試合巧者であるサンフレッチェを象徴。

・首元や袖には、アウェイカラーにも使用しているベノムグリーンのラインをつなげ、加速するスピードを表現。
・ピンストライプや首元、襟には、クラブカラーのバーシティパープルを使用。絶えることのないクラブのアイデンティティーを強く表現。

・Jリーグ優勝を果たしエンブレム上には3つ目の星をデザイン。
・右袖の「明治安田生命Jリーグ」エンブレムをデザイン。

 

サンフレッチェ広島 2016 ACL ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

2016ホーム半袖ACL用レプリカユニフォーム!

特徴

・サポーターの観戦時の着用を目的に作られた【レプリカ】モデルの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用しています。
・デザインには紫紺を全面に使用するカラーリングを採用。王や皇帝を表すインペリアルパープルを用い、常に試合巧者であるサンフレッチェを象徴。
・ピンストライプや首元、襟には、クラブカラーのバーシティパープルを使用。絶えることのないクラブのアイデンティティーを強く表現。
・首元や袖には、アウェイカラーにも使用しているベノムグリーンのラインをつなげ、加速するスピードを表現。
・Jリーグ優勝を果たしエンブレム上には3つ目の星をデザイン。
・ACLモデルはフロントのスポンサーロゴが変更。

スペック

素材 ポリエステル100%
発売時期 2016年3月発売
シーズン 2016

サンフレッチェ広島 2016 ホーム ユニフォーム 半袖

サンフレッチェ広島が、2016年1月10日、2016シーズンに向けたホームユニフォームを発表しました。
紫紺を全面に使用した大胆なカラーリングを採用。この紫紺は、王や皇帝を表すインペリアルパープルというカラーで、常に試合巧者である広島を象徴した色だ。また、ピンストライプや首もと、襟にクラブカラーのバーシティパープルを使用することにより、絶えることのないクラブのアイデンティティを表している。
サンフレッチェ広島前
首もとや袖、サイド部分には、アウェイカラーにも使用しているベノムグリーンのラインをつなげ、加速するスピードを表現。
サンフレッチェ広島背
インペリアルパープルの重厚感と、ベノムグリーンのスピード感が融合し、時空を超えるような力強さを感じさせるデザインに仕上げている、とのことだ。
ユニフォームスポンサーは、胸の「エディオン」、背中の「マツダ」、袖の「イズミ」が継続。

ご購入はこちら