サンフレッチェ広島久保竜彦について

久保竜彦

久保竜彦は福岡県朝倉郡筑前町出身のサッカー選手でポジションはFWでプレーしています。久保竜彦森選手は「日本人離れした」という枕詞のつくストライカー/センターフォワードでシュートスピード・射程距離の長さ・驚異的なジャンプ力といった抜群の身体能力の高さから、誰も予想出来ないような豪快でアクロバティックなゴールを決めたと思えば、相手の動きを見てコースを狙い確実に決める繊細な技術と冷静な判断も持ち合わせているといわれました。サッカー日本代表の主力として活躍した時期は比較的短くてW杯にも出場していないが、局面で印象的な活躍をしており、記録より記憶に残るタイプの選手であります。派手なプレースタイルとは裏腹に試合中以外は基本的に寡黙・謙虚で、どんな質問でも「よかったです」「嬉しかったです」などと答えることが多く、インタビュアー泣かせだが、知名度が上昇するにつれ、その朴訥としたキャラクターも周囲に認知され人気の一因となりました。

久保竜彦は幼い頃から自然と遊びの中で野球をしており、ショートやサードを守っていた右打者だったことがあります。小学3年生の時、遊具で遊んでいた最中に小指を骨折してしまったことが転機となって小学校4年生の時サッカーをやり始め、野球を辞め本格的にのめり込んでいました。中学入学後もサッカーを続けました。1992年、吉浦茂和の指導力の評判を聞きつけ、大場と共に筑陽学園高校へ入学しました。吉浦は久保の今後を思いその潜在能力を潰さないよう、最低限の技術や戦術を指導して高校当時のポジションは左MFです。1993年高校2年時と3年時に福岡県選抜として国体に出場したことが唯一の全国大会での成績を取りました。高校卒業後もサッカーを続けるつもりだったが、大学からオファーもあったものの家庭の財政状況から進学を諦めて就職するつもりだったが、より高いレベルで続けさせたい吉浦の強い薦めにより同級生である大場と共にサンフレッチェ広島F.Cのテストを受けました。

久保竜彦

 久保竜彦は1995年広島へ入団して、入団当初MF登録であったが1年目に河内勝幸サテライトチーム監督にFWへコンバートされ、2年目ビム・ヤンセンはエースFWの高木琢也の控えFWとして活躍していました。2003年、横浜F・マリノスへ移籍して一気にブレイク、Jリーグにおいて群を抜く攻撃力を示し年間優勝に貢献して、日本年間最優秀選手賞受賞しました。2004年、欧州遠征での3試合4得点をはじめ、12試合8得点という結果を残し、特に同年2月18日の2006 FIFAワールドカップ・アジア予選のオマーン戦で、引き分け濃厚な後半ロスタイムに勝ち越しゴールを奪うなど勝利に貢献し、ジーコの信頼を得ました。

2007年久保には横浜FMから残留要請されましたが、奥と共にする形で横浜FCへ移籍しました。シーズン終了後、戦力外通告を受けました。2008年、古巣・広島へ6年ぶりに復帰て体調は万全ではないものの要所で活躍しJ1昇格に貢献しました。2010年、ツエーゲン金沢へ完全移籍決めました。主力として活躍していました。金沢退団後は移籍先を探し、JFL、県地域リーグ、タイのクラブなどからオファーがあったものの、現役引退を決断しました。引退後のあいさつ回りをする中で今西の斡旋により、2012年広島県廿日市市にある特定非営利活動法人廿日市スポーツクラブのストライカー養成コーチ、およびアンバサダー(スポーツ親善大使)に就任しました。また同年にはスポーツ振興くじ(toto)と陶器メーカー・TOTOとのコラボによるCM「トートートトト」に出演していました。2013年3月28日、当時広島県社会人サッカーリーグ1部に所属する廿日市FCに現役復帰しました。

久保竜彦は素晴らしいプレーを見せてくれました。彼こそ日本サッカー界の宝石であり、日本のファンは、彼という存在を持った事を幸せに思うでしょうと言う評価があります。

サンフレッチェ広島 ユニフォームが手に入れたいなら、こちらへ!

サンフレッチェ広島 ユニフォーム 購入