サンフレッチェ広島佐々木翔について

yjimage

佐々木翔は、日本のプロサッカー選手でDFを担当しています。Jリーグ・サンフレッチェ広島に所属しています。神奈川県座間市出身で神奈川大学を卒業します。

佐々木翔は幼稚園の時代からサッカーをプレー初め、小学3年生から横浜F・マリノスアカデミーへ入団しました。2008年、神奈川大学に入学して、ヴァンフォーレ甲府でサイドバックとして活躍しています。大学1年生の時、左SBとして試合出場を重ね、3年生からはボランチ・サイドハーフ、関東大学選抜に選ばれました。この後、センターバックとして試合出場を重ねています。関東大学サッカーリーグ戦を通じて、「4年間最多出場選手」としての連盟表彰を受けています。

yjimage (1)

2012年、ヴァンフォーレ甲府に入団して、3月11日の第2節東京V戦で果たしました。それから、左サイドバックのレギュラーとして、甲府のJ2初優勝に貢献しました。2013シーズンの開幕戦でボランチとして出場することになりました。その後チームのシステム変更に伴い、シーズン中旬以降は3バックの一角でプレーし始めます。33試合にフル出場しチームの残留に大きく貢献しました。2014年は副キャプテンに就任し、引き続き3バックの一角で起用され、名古屋グランパス戦、大宮アルディージャ戦で2試合連続ゴールを挙げ、2連勝を挙げました。また、リーグ戦、ナビスコカップ、天皇杯などすべての公式戦に出場して、特に守備時の空中戦の勝率は高いとみられます。2013年・2014年のJ1において2年連続でトップ3入りしており、甲府の守備を支えました。2015年、サンフレッチェ広島へ完全移籍を決意しました。退団したファン・ソッコの穴埋めとして期待されました。 千葉和彦、水本裕貴、塩谷司が不動のレギュラーでバックアップとして終盤の守備固めとして出場することが多かったが、塩谷や水本が負傷離脱した時、スタメンとして出場しました。チャンピオンシップ決勝の第1戦のガンバ大阪戦では1点ビハインドの場面で貴重な同点ゴールを挙げました。2016年はリーグ開幕戦から左ストッパーのレギュラーとして、勝ち取り活躍を続けていました。

佐々木翔選手が好きだったら、サンフレッチェ広島のユニフォームを身にまとい、引き続きサンフレッチェ広島へのご応援お願いいたします。

%E8%B3%BC%E5%85%A5%E3%83%9C%E3%82%BF%E3%83%B3-jpeg