サンフレッチェ広島宮吉拓実について

宮吉拓実

宮吉拓実は滋賀県出身のサッカー選手でポジションはフォワードでサンフレッチェ広島でプレーします。宮吉拓実は福井県で生まれ、東京都杉並区立松庵小学校1年からサッカーを始め、4年の時に滋賀県大津市に引っ越すため、大津市立真野中学校に進学、中学1年時から京都サンガU-15でFWとして活躍していました。2005年にはU-13日本選抜、2006年にはU-14日本選抜にも選ばれていました。2007年の日本クラブユースサッカー選手権 (U-15)大会では9得点の活躍でチームを優勝に果たしました他、自身も得点王に輝くとともにMVPに選ばれていました。2008年3月トップチームに登録して、ウィザスナビ高等学校に通いながらトップチームの練習にの参加を通じて、「京都の至宝」と呼ばれました。2008年5月31日、ナビスコカップ・名古屋戦で初めてサブメンバーに入りました。2008年9月21日G大阪戦で72分フェルナンジーニョに代わって出場し、Jリーグ史上2番目に若いデビューとなりました。

13_02t

2008年10月24日、チーム史上最年少でプロC契約を交わしました。2009年10月10日、天皇杯2回戦のヴェルフェたかはら那須戦で後半途中出場すると後半31分に左サイドの安藤淳からのクロスを胸でコントロールすると角度のない位置から右足を振り抜いて公式戦初得点を決めました。2010年4月3日、C大阪戦で後半14分から途中出場すると後半25分にディエゴからのクロスを胸でトラップし、左足ボレーでゴール。Jリーグ初得点を記録しました。2014年8月、カターレ富山へ期限付き移籍して、2014年末で移籍期間満了で2015年京都に復帰しました。2016年、サンフレッチェ広島へ完全移籍しました。

宮吉拓実選手のご応援に行くなら、サッカー サンフレッチェ広島 ユニフォームを身にまとって行ってください。番号と名前が入れますから、ご購入こちらへ!

サンフレッチェ広島 ユニフォーム 購入