サンフレッチェ広島の柳本啓成について

柳本啓成

柳本啓成は1972年10月15日で大阪府東大阪市出身の元サッカー日本代表選手であります。1991年に奈良育英高校からマツダSCに入団しました。同期は森山佳郎、森秀昭、笛真人、路木健、松山大輔、小倉一浩であります。ポジションはディフェンダーであります。利き足は右足であります。

サンフレッチェ広島設立とともにプロ契約し、創設期の広島では若手選手No.1の人気を博し、全国的にアイドル的な存在でした。1993年5月16日 、Jリーグ初出場、Jリーグ開幕時から右サイドバックのレギュラーであったが、8月に顎を骨折し戦線離脱しました。細身の武田修宏に弾き飛ばされた悔しさから、筋トレを真剣に取り組み強靭な体を造り上げました。1994年4月23日、サントリーシリーズ 第11節 対ジュビロ磐田戦にJリーグ初得点でした。

 

柳本啓成

1999年、ガンバ大阪へ移籍、右ウイングバックとして活躍し、2003年、セレッソ大阪へ移籍、主にストッパーとして活躍します。2006年12月、現役引退しました。2008年4月、株式会社DF3を設立し、地元奈良県でフットサル施設「YANAGI FIELD」を開業しました。奈良からJリーグをめざす奈良クラブのオフィシャルパートナーを務めています。 ジュニアチームYF奈良テソロをGMとして率います。

 柳本啓成 サンフレッチェ広島 ユニフォームは豊富に納品備えっています、激安に販売されますが、特に人気のある柳本啓成のユニフォームの購入はこちらへ!