サンフレッチェ広島 浅野拓磨について

yjimage (39)

浅野拓磨は三重郡菰野町に生まれで三重県立四日市中央工業高等学校を卒業しました。7人兄弟で男の子6人に末っ子が女であります。

兄弟の影響で幼い頃からサッカーを始めました。小学生時代はペルナSC、中学生時代は菰野町立八風中学校でサッカーをやってきました。しかし、2つとも当時は全国的には無名なチームで、県外競争でも行きませんでした。高校進学時は家庭の経済状況を考えて、サッカーをすることに決めましたが、中学サッカー部の顧問や担任が両親を熱心に説得したことから地元サッカーの名門三重県立四日市中央工業高等学校へ進学することとなりました。

進学した四中工では同期の田村翔太と共に活躍しました。浅野は1年生からAチームに絡み2年生からレギュラーになりました。高校選手権では3年続け出場して、特に第90回大会では初戦から決勝まで全試合の得点王の栄えを取りました。それに、第91回大会優秀選手として、高校選抜に参加しました。高校卒業の際、横浜F・マリノスやサンフレッチェ広島含め複数のオファーを取りました。yjimage (38)

2013年サンフレッチェ広島と契約を結び、プロ選手として活躍し始めました。2015年4月18日のFC東京戦でリーグ戦初ゴールをあげてから、スーパーサブに定着して途中出場で全8得点はを得点することとなった。また、12月5日、ガンバ大阪と対戦し、第2戦で途中出場をして貴重な得点をあげました。 このチャンピオンシップの決勝で、浅野はベストヤングプレイヤー賞を受賞しました。

2016シーズンより背番号が「10」に変更されました。3月16日、AFCチャンピオンズリーグ第3節で2得点を通じて、グループリーグ初勝利に貢献しました。3月20日の大宮アルディージャ戦で先発出場したため、試合途中で連続出場記録の33試合で歴代最長の出場記録を保ちました。

浅野選手が好きだったら、サンフレッチェ広島のユニフォームを着って、引き続きサンフレッチェ広島へのご応援お願いします。